草津温泉「和風村」湯めぐり手形で日帰り入浴ができる全15の旅館をまとめました。

草津温泉「和風村」

日本を代表する温泉地といえば必ず声があがる群馬県にある「草津温泉」。

有馬温泉」や「下呂温泉」とならぶ「日本三大名泉」の一つとしても有名ですよね。

 

▶参考情報:日本三大名泉についての情報は以下の関連情報もご覧ください。
群馬「草津温泉」おすすめ日帰り温泉。立ち寄り湯が可能な全33施設まとめ。
「草津温泉の共同浴場(公衆浴場)」外湯めぐりで日帰り入浴を堪能。
「有馬温泉」おすすめ日帰り温泉。立ち寄り湯ができる24施設をまとめました。
有馬温泉「金の湯と銀の湯」! 自慢の「金泉」と「銀泉」を外湯めぐりで日帰り体験!
下呂温泉の共同浴場(公衆浴場)3つの日帰り入浴施設をまとめました。

 

東京から車で約3時間、電車とバスを乗り継いでも3時間ほどとアクセスも良く、国内のみならず海外からもたくさんの観光客が訪れています。

そんな草津温泉は豊富な湧出量でも知られていて、それを利用したホテルや旅館をはじめ多くの温泉施設があります。

温泉旅館でゆったりと過ごしたり、外湯めぐりしたり、と楽しみ方も様々。

そして、その草津温泉の楽しみ方の一つとして今回ご紹介したいのが、「和風村」の「湯めぐり手形」です。

「和風村」の「湯めぐり手形」とは、一言でいうと手形を使って草津温泉にある15の旅館の湯めぐりを楽しむものですが、「和風村」の「湯めぐり手形」のすごいところは利用できる旅館が特別なんです。

普段は宿泊者だけしか利用できない宿のお風呂でもこの手形があると「日帰り入浴」で利用することが出来るんです。

特別感があると聞くとちょっと気になってきませんか?

この記事では、「和風村」の「湯めぐり手形」の特徴や魅力、使い方などをご紹介していきたいと思います。

いつもより少しスペシャル感のある「草津温泉旅行」が楽みたいという人にはとってもオススメですよ。

 

▼【関連情報】群馬「草津温泉」温泉旅館の宿泊予約は、以下でお得な料金をチェックしてみてください。

【とにかくお得に泊まりたい方】群馬「草津温泉」おすすめ温泉旅館のお得な宿泊プランはこちら

【高級温泉旅館にお得に泊まりたい方】群馬「草津温泉」おすすめの高級温泉旅館のお得な宿泊プランはこちら

 

▼「草津温泉」までレンタカーで行かれる方は、以下でお得な料金のレンタカー会社をチェックしてみてください。

全国のレンタカー30社比較・予約!1日2000円の最安値!スカイチケットレンタカー

 

 

1,草津温泉にある「和風村」とは?

まず最初に、「和風村」についてご紹介していきたいと思います。

「和風村」とは、草津温泉にある老舗温泉旅館15軒の総称のこと。

公式サイトのご説明も以下をご覧下さい。

 

江戸時代から”東の大関”として人気の高い、上州草津温泉の格式ある、しにせ宿の「内湯」をお楽しみください。
和風村は、古き良き時代の草津温泉を再現しようと集まった15軒のしにせ宿の総称です。

引用元:「和風村」公式サイト/http://www.kusatsu.info/wahu/top.html

 

それぞれが古き良き時代の草津温泉を再現しようと集まった旅館とのこと。

「和風村」に加盟している宿は、これからご紹介していきますが、どの宿も「ザ・日本の温泉旅館」という雰囲気のところばかり。

歴史も古く中には創業が120年以上前なんて旅館もあるんです。

もちろん、温泉の質は草津温泉だけあって抜群。そして源泉の種類も宿によって様々。綺麗で清潔なお風呂場では歴史を感じさせるレトロな雰囲気が漂っています。

「和風村」の旅館での湯めぐりは、まさに古き良き時代の草津にタイムスリップしたかのうような感覚で楽しめますよ。

 

2,和風村「湯めぐり手形」のご紹介

続いては、和風村「湯めぐり手形」についてご紹介します。

 

(1)「湯めぐり手形」とは?

「湯めぐり手形」は、草津温泉の「和風村」に加盟している15の温泉宿のいずれかに宿泊した人だけが購入できるお得に湯めぐりが楽しめるものです。

ちなみにこの「湯めぐり手形」が始まったのは昭和59年。全国の温泉地の手形を使った湯めぐりの先駆けとも言われています。

 

(2)「湯めぐり手形」の料金

「湯めぐり手形」の値段は、「1冊/1,000円」(1冊3名まで2年間有効)。※2019年7月現在

 

また、以下で解説していますが、「湯めぐり手形」以外にも各施設に入浴する際は、各施設ごとに入浴料が必要です。

 

●各施設の入浴時に必要な料金

1湯あたり、大人:700円/1人(税込み)
1湯あたり、小学生:500円/1人(税込み)
※小学生未満は無料です。

 

(3)「湯めぐり手形」の購入場所

「湯めぐり手形」は宿泊している「和風村」の旅館で購入することが可能です

 

1冊で3人まで利用することができ、有効期限も2年間。

友達同士で利用したり、次回の草津旅行の時にも使えば思った以上にお得感がありますよ。

「湯めぐり手形」を手に入れたらさっそく外湯巡りに出かけましょう。

先ほども紹介した通り、「湯めぐり手形」が使える和風村15軒の旅館はどれも極湯ぞろいの老舗ばかり。

各旅館に付いたら入浴料700円を支払います。

「湯めぐり手形を購入した上に入浴料も払うの?」と思うかもしれませんが、もともと草津温泉の老舗旅館の入浴料は「1,000円」や「1,200円」とけっこう高め。

そもそも日帰り入浴すら受け付けていない旅館も多いので、「湯めぐり手形」があると普段日帰り入浴はできない旅館のお湯を利用できる上に、入浴料もお得になるという大きなメリットがあります。

いろいろな旅館のお風呂を試してみたいという温泉好きにはぜひ利用して欲しい「湯めぐり手形」です。

また、入浴すると各旅館で手形にスタンプを押してもらえるのですが、このスタンプもスタンプラリー気分で旅のいい思い出にもなりますよ。

「和風村」の「湯めぐり手形」を利用して古き良き時代の香り漂う草津温泉の名宿・名湯を楽しんでみて下さい。

 

3,「和風村」の内湯めぐりが堪能できる15の老舗旅館

それでは、ここから「湯めぐり手形」を利用して「和風村」の湯めぐりが楽しめる老舗旅館「15軒」をご紹介していきます。

以下より順番に見ていきましょう。

 

3−1,若の湯 山本館

 

View this post on Instagram

 

レトロトラベラー みつきさん(@mituking0725)がシェアした投稿

出典:instagram/mituking0725さん

 

草津温泉で「和風村」の内湯めぐりが堪能できる1つ目の旅館は、「若の湯 山本館」です。

「若の湯 山本館」は、草津温泉のシンボル「湯畑」の目の前にあり、歴史を感じさせる威風堂々とした建物が国の有形文化財に登録された貴重なものです。

お風呂場の雰囲気も昔ながらの湯呑み処そのもの。もちろん、手入れが行き届いているので綺麗で清潔。

総ヒノキ造りの浴室で、大正ロマンを感じさせるアーチ状の窓もお洒落です。

源泉は湯もみで知られる「白旗源泉」。お湯は加水や加温一切なしの「源泉かけ流し」そのままです。

白濁したお湯と硫黄の香りがまさに草津温泉のイメージにピッタリ。

「白旗源泉」は高温と言われていますが、「若の湯 山本館」ではお湯を注ぐ量のみで温度を調整していて、熱すぎず気持ちいい温度で入浴することが出来るようになっています。

時代劇の舞台にタイムスリップしたかのような気分で湯浴みを楽しめるのが「若の湯 山本館」の魅力です。

 

 

View this post on Instagram

 

@funfun_100がシェアした投稿

出典:instagram/funfun_100さん

 

 

View this post on Instagram

 

junkoさん(@j_uru_613)がシェアした投稿

出典:instagram/j_uru_613さん

 

「若の湯 山本館」の基本情報

●住所:群馬県吾妻郡草津町草津404
●電話番号:0279-88-3244
●日帰り入浴料:※2019年7月現在

 

・700円(「湯めぐり手形」がない場合は1,000円で入浴可能)

●日帰り入浴利用時間:11:30 ~ 15:00
●源泉:白旗源泉
●公式サイト:http://yamamotokan.com/

 

3−2,延寿の湯 松村屋旅館

 

この投稿をInstagramで見る

 

OKC_GUNMA 🇯🇵PB919さん(@okcgnm)がシェアした投稿

出典:Instagram/okcgnmさん

 

草津温泉で「和風村」の内湯めぐりが堪能できる2つ目の旅館は、「延寿の湯 松村屋旅館」です。

「松村屋旅館」は湯畑から徒歩1分という好立地にある温泉旅館です。

昔ながらの草津温泉の温泉宿を復元していて、「せがい出し梁り作り」という江戸時代から続く伝統的な建築様式な外観が美しく印象的です。

そんな「松村屋旅館」のお風呂は、シンプルに内湯が1つ。
壁や床、浴槽が全て木造になっていて雰囲気が抜群。これぞ日本の温泉宿といった雰囲気がたまりません。

お湯は目の前にある「湯畑源泉」を引いています。もちろん源泉かけ流し100%です。お湯は少し熱めですが、その熱めのお湯が草津温泉らしさを感じさせてくれます。

日本旅館の良さと草津温泉の良質のお湯の両方を楽しめるのが「松村屋旅館」の魅力です。

 

「延寿の湯 松村屋旅館」の基本情報

●住所:群馬県吾妻郡草津町草津365
●電話番号:0279-88-2323
●日帰り入浴料:※2019年7月現在

 

・700円(日帰り入浴は湯めぐり手形持参の場合のみ可能)

 

●日帰り入浴利用時間:11:00 ~ 15:00
●源泉:湯畑源泉
●公式サイト:http://kusatu.com/matumuraya/

 

3−3,君子の湯 大阪屋

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aya Kuniokaさん(@__a.knk)がシェアした投稿

出典:Instagram/__a.knkさん

 

草津温泉で「和風村」の内湯めぐりが堪能できる3つ目の旅館は、「君子の湯 大阪屋」です。

「大阪屋」も湯畑から歩いて1分と便利な立地にある老舗温泉宿。

白壁と黒い梁が印象的な美しい外観を作り出しています。

お風呂は女湯が「白玉の湯」、男湯が「君子の湯」と呼ばれていて、それぞれに内風呂と露天風呂があります。

内風呂には「赤御影石」、露天風呂には「檜」の浴槽が使われています。これ以外に「屋外岩風呂」もあり、「洞窟風呂」と「ハーブ風呂」もあるのですが、

男女交代制で日帰り入浴の時間帯は女性専用となっています。女性はラッキーですね。

お湯は宿から近い「湯畑源泉」を引いています。

すぐ近くから引いているので新鮮なお湯が楽しめるのが魅力。硫黄の香りも感じられ泉質の良さを実感できます。

いろいろなお風呂が楽しめるので特に女性にはオススメです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tatsuro Tanakaさん(@tatsurotanaka)がシェアした投稿

出典:Instagram/tatsurotanakaさん

 

「大阪屋旅館」の基本情報

●住所:群馬県吾妻郡草津町356
●電話番号:0279-88-2411
●日帰り入浴料:※2019年7月現在

 

・700円(湯めぐり手形がない場合は1,000円で入浴可能)

 

●日帰り入浴利用時間:13:00~15:00
※利用出来ない日もあります。事前に確認するのがオススメです。
●源泉:湯畑源泉
●公式サイト:http://www.osakaya.in/

 

3−4,弁天の湯 益成屋

 

View this post on Instagram

 

emi_kig712さん(@emi_kig712)がシェアした投稿

出典:instagram/emi_kig712さん

 

草津温泉で草津温泉で「和風村」の内湯めぐりが堪能できる4つ目の旅館は、「弁天の湯 益成屋」です。

「益成屋」は湯畑の近くにあり、全6室のみというアットホームな雰囲気の老舗温泉宿。

「益成屋」の浴室は総ヒノキ造りで温泉情緒たっぷり。浴槽は2つありどちらにも同じお湯がはられています。

お湯は「白旗源泉」を使用していて源泉100%。少し濁りがあるお湯が特徴です。

さらに脱衣所や洗面台にもヒノキが使われていて美しい木調が印象的。

館内の各所には女将と若女将が作った押し花作品が展示されていて、女性客に人気あり。

「益成屋」は草津らしいお湯だけでなく温かいおもてなしも魅力の宿です。

 

 

View this post on Instagram

 

@funfun_100がシェアした投稿

出典:instagram/funfun_100さん

 

「弁天の湯 益成屋」の基本情報

●住所:群馬県吾妻郡草津町406
●電話:0279-88-2005
●日帰り入浴料:※2019年7月現在

 

・700円(湯めぐり手形がない場合は1,000円で入浴可能)

 

●日帰り入浴利用時間:11:00 ~ 14:00
●源泉:白旗源泉・湯畑源泉(湯畑源泉は客室風呂のみ)
●公式サイト:http://www.ekinariya.com/

 

3−5,薬師の湯 湯元館

 

View this post on Instagram

 

しゅうやさん(@syuya0104)がシェアした投稿

出典:instagram/syuya0104さん

 

草津温泉で「和風村」の内湯めぐりが堪能できる5つ目の旅館は、「薬師の湯 湯元館」です。

 

「湯元館」は白壁の由緒ある建物が目を引く老舗旅館。

目の前には温泉ツウに人気の共同浴場「千代の湯」があります。

 

▶参考情報:草津温泉にある共同浴場については、以下の記事でまとめてますのでご確認下さい。
「草津温泉の共同浴場(公衆浴場)」外湯めぐりで日帰り入浴を堪能。

 

「湯元館」のお風呂場は、男女それぞれに内風呂があり、木張りの床が良い味を出しています。

内風呂ではありますが、窓からは坪庭を眺めることができ、解放感があり癒し効果も抜群。

お湯は「湯畑源泉」を引いていて無色透明。源泉かけ流しで優しく香る硫黄の香りがたまりません。

また内風呂以外にも「貸切風呂」があり、日帰り入浴でも利用することが出来ます。カップルや家族などには嬉しいサービスですよね。他人を気にせずゆっくりと草津のお湯を満喫してください。

 

 

View this post on Instagram

 

天然酵母パンとカフェ あかねやさん(@akaneya4900)がシェアした投稿

出典:instagram/akaneya4900さん

 

 

View this post on Instagram

 

天然酵母パンとカフェ あかねやさん(@akaneya4900)がシェアした投稿

出典:instagram/akaneya4900さん

 

「薬師の湯 湯元館」の基本情報

●住所:群馬県吾妻郡草津町草津366
●電話番号:0279-88-3394
●日帰り入浴料:※2019年7月現在

 

・700円(湯めぐり手形がない場合は800円)
※貸切風呂(12:00~16:00)1,200円

 

●日帰り入浴利用時間:要確認 ※利用出来ない日もあります。事前に確認するのがオススメです。
●源泉:湯畑源泉
●公式サイト:http://www.kusatsu-yumotokan.co.jp/

 

3−6,玉すだれの湯 ての字屋

 

View this post on Instagram

 

Hitoshi Satohさん(@hitoshi_satoh)がシェアした投稿


出典:instagram/hitoshi_satohさん

 

草津温泉で「和風村」の内湯めぐりが堪能できる6つ目の旅館は、「玉すだれの湯 ての字屋」です。

 

「ての字屋」は、気品高い風格が漂う高級老舗旅館。

魅力はなんといっても自家源泉を持っていること。
さらにすごいのが浴室の岩壁から直接温泉が湧いていて湯船に滴り落ちているんです。まさに生まれたての源泉そのもの。

「ての字屋」には天然岩風呂と京風露天風呂がり、天然岩風呂でこの生まれたての源泉が楽しめます。

浴槽も樹齢500年の最高級古代檜を使った匠の技術がつまった一級品。
京風露天風呂は、雅な雰囲気が漂う優雅な大人の空間です。

草津で唯一の「天然岩風呂」は一度は体験してみて欲しいオススメのお風呂です。

ただ残念なのが「天然岩風呂」は一つしかなく、日帰り入浴の時間帯は女性専用となっている点。入ってみたいと思う男性はぜひ「ての字屋」に宿泊してみてください。

高級老舗旅館だけあってお風呂だけでなく、食事、サービスともに大満足内容ですよ。

 

 

View this post on Instagram

 

tarou miuraさん(@vwvr.6.2.8)がシェアした投稿

出典:instagram/vwvr.6.2.8さん

 

 

View this post on Instagram

 

go_m_toさん(@masashi_goto_)がシェアした投稿

出典:instagram/masashi_goto_さん

 

「玉すだれの湯 ての字屋」の基本情報

●住所:群馬県吾妻郡草津町草津360
●電話番号:0279-88-3177
●日帰り入浴料:※2019年7月現在

 

・700円(湯めぐり手形がない場合は1,000円)

 

●日帰り入浴利用時間:12:00〜15:00
●源泉:湯畑源泉 ●公式サイト:http://www.tenojiya.co.jp/

 

3−7,お汲上げの湯 奈良屋

 

View this post on Instagram

 

knackさん(@knack99)がシェアした投稿


出典:instagram/knack99さん

草津温泉で「和風村」の内湯めぐりが堪能できる7つ目の旅館は、「お汲上げの湯 奈良屋」です。

 

「奈良屋」は目の前に湯畑という草津温泉の中心にあり、歴史も130年以上と由緒正しい純和風旅館。

「奈良屋」のお風呂の魅力は、草津温泉の伝統「湯守」を創業以来守り続けているところ。「湯守」の職人さんがいることにより、温度調整や湯もみを行ってくれ、いつでも最高の状態の温泉に入ることが出来るようになっています。

お風呂は「汲上の湯」と「花の湯」の2ヶ所。

男女交代制で日帰り入浴の時間帯は男性が「汲上の湯」、女性が「花の湯」を利用出来ます。

どちらの浴室にも内風呂と露天風呂があり、全て源泉かけ流し100%。しっかりと硫黄の香りを感じるのが源泉かけ流しの証。熱すぎない温度でゆっくりと温泉に浸かることが出来ますよ。

源泉は草津のなかでも歴史のある源泉、「白旗源泉」を使用しています。

「奈良屋」のお風呂で草津温泉のお湯の良さと伝統を感じてみて下さい。

 

 

View this post on Instagram

 

もんさん(@5lover.soul)がシェアした投稿

出典:instagram/5lover.soulさん

 

「奈良屋」の基本情報

●住所:群馬県吾妻郡草津町草津396
●電話番号:0279-88-2311
●日帰り入浴料:※2019年7月現在

 

・700円(湯めぐり手形がない場合は大人1,200円、子供(3歳から小学生)600円 )

 

●日帰り入浴利用時間:12:30 ~ 14:00
●源泉:白旗源泉
●公式サイト:https://www.kusatsu-naraya.co.jp/

 

3−8,さい泉の湯 草津ホテル

 

View this post on Instagram

 

Nさん(@tn__________tn)がシェアした投稿

出典:instagram/tn__________tnさん

 

草津温泉で「和風村」の内湯めぐりが堪能できる8つ目の旅館は、「草津ホテル」です。

 

「草津ホテル」は、温泉街の喧騒から離れた西の河原入口にたっている老舗旅館。

大正時代には洋館のホテルとして創業し、その後昭和27年頃に純和風の旅館へと改装しています。館内に入ると感じるクラシックな雰囲気に魅了されます。

「草津ホテル」のお風呂で魅力的なのが源泉。
草津温泉に数ある宿のなかで、わずか6軒しか引いていないという「西の河原源泉」が愉しめます。

お風呂は大浴場と中浴場の2ヶ所、22時で男女が入れ替わります。

どちらにも内風呂と解放的な露天風呂があります。

また、コーヒーを飲みながら楽しめる足湯もあり、雰囲気が抜群です。

他にも貸切風呂が2ヶ所あり、日帰り入浴の場合でも利用可能。木枠の湯船が良い雰囲気を醸し出してくれます。

貴重な「西の河原源泉」と大正モダンな雰囲気を味わってみたい人はぜひ「草津ホテル」を訪れてみてください。

 

 

View this post on Instagram

 

『Evana Spa』ホリスティックセラピストさん(@emispa_massage)がシェアした投稿

出典:instagram/emispa_massageさん

 

 

View this post on Instagram

 

akkoさん(@autumn.voyage_)がシェアした投稿

出典:instagram/autumn.voyage_さん

 

「草津ホテル」の基本情報

●住所:群馬県吾妻郡草津町草津479
●電話番号:0279-88-5011
●日帰り入浴料:※2019年7月現在

 

・700円(湯めぐり手形がない場合は800円)
※貸切風呂は大人1620円、小学生1080円、幼児540円(電話で要予約)

 

●日帰り入浴利用時間:13:00~17:00
※貸切風呂は13:00〜15:00
●源泉:西の河原源泉
●公式サイト:http://www.kusatsuhotel.com/

 

3−9,永楽の湯 旅館たむら

 

View this post on Instagram

 

OZmall<オズモール ホテル&温泉旅館>さん(@ozmall_stay)がシェアした投稿

出典:instagram/ozmall_stayさん

 

草津温泉で「和風村」の内湯めぐりが堪能できる9つ目の旅館は、「永楽の湯 旅館たむら」です。

 

「旅館たむら」は江戸時代末期創業の歴史の古い老舗旅館。
全14室と小さな旅館ならではのアットホームな雰囲気が人気です。

源泉は旅館のすぐ隣にある「地蔵の湯源泉」を使用しています。
すぐ近くに源泉があるので鮮度抜群のお湯を愉しめるのが嬉しいですね。

お風呂は男女それぞれに内風呂があります。窓
のそばには坪庭があり、内風呂ながら解放的な空間を演出してくれます。

浴槽をよく見ると縁に白い結晶がこびりついているのですが、これは「湯の花」が固まったもの。

質の高い源泉100%の証拠です。

「地蔵の湯源泉」は草津に7つある源泉の中でも特に効能が高い源泉と言われています。

 

「永楽の湯 旅館たむら」の基本情報

●住所:群馬県吾妻郡草津町草津305
●電話:0279-88-2045
●定休日:年中無休
●日帰り入浴料:※2019年7月現在

 

・700円(日帰り入浴は湯めぐり手形持参の場合のみ可能)

 

●営業時間:12:00~15:00
●源泉:地蔵の湯源泉
●公式サイト:http://www.ryokan-tamura.co.jp/

 

3−10,龍神の湯 群龍館

 

View this post on Instagram

 

@funfun_100がシェアした投稿

出典:instagram/funfun_100さん

 

草津温泉で「和風村」の内湯めぐりが堪能できる10ヶ所目の旅館は、「龍神の湯 群龍館」です。

 

「群龍館」の大浴場は、「龍神の湯」と呼ばれていて、開運の湯として知られています。

お風呂場は、男湯の「男龍」、女湯の「女龍」に分かれていて、それぞれに内風呂があります。

そんな浴室に入ってみて驚くのは、湯船はもちろん、床や壁、天井に至るまで全て総ヒノキ造りというところ。
木の温もりを感じながら入る温泉は最高のリラックス空間です。ちなみに脱衣所もヒノキ造りになっていて、とっても贅沢なお風呂ですよね。

また源泉は旅館のすぐ近くに湧いている「白旗源泉」を引いています。もちろん源泉100%。白濁したお湯が泉質の良さを感じさせます。

熱過ぎず適温なので子供からお年寄りまで安心して入浴出来ます。

美しい総ヒノキ造りの温泉に入って、スベスベのお肌と幸運をダブルでゲットしてみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

温泉ソムリエ eriさん(@eri_1124)がシェアした投稿

出典:Instagram/eri_1124さん

 

「群龍館」の基本情報

●住所:群馬県吾妻郡草津町大字草津394-2
●電話番号:0279-88-2079
●日帰り入浴料:※2019年7月現在

 

・700円(湯めぐり手形がない場合も700円)

 

●日帰り入浴利用時間:12:00~15:00
●源泉:白旗源泉
●公式サイト:http://www21.cx/gunryu/

 

3−11,うららの湯 つつじ亭

 

View this post on Instagram

 

施宏惟さん(@teacherman07)がシェアした投稿

出典:instagram/teacherman07さん

 

草津温泉で「和風村」の内湯めぐりが堪能できる11ヶ所目の旅館は、「うららの湯 つつじ亭」です。

 

5000坪という広大な敷地の中に全10室のみという、プライベート感を大切にした隠れ家のような旅館。

「つつじ亭」の大浴場は、「うららの湯」と呼ばれ、男女それぞれに露天風呂と内風呂があります。

露天風呂は風情のある檜風呂。約3,000坪の自然林にあり野趣あふれる雰囲気で非日常の空間です。四季折々の自然の美しさを楽しみながら温泉を堪能してください。

また内風呂は御影石の湯船になっていて窓も大きく明るい印象です。

お湯は「万代鉱源泉」の源泉かけ流し。
少し酸っぱさを感じるお湯ですが、これが泉質の良さの証です。

また、大浴場とは別に貸切露天風呂「玉の湯」もありますが、残念ながらこちらは宿泊のみの限定。

気になる方はぜひ泊りでも利用してみてください。

季節の懐石も美味しく、全10室のみという客室が、まるで個人別荘に来たかのように寛ぐことが出来ますよ。

 

 

View this post on Instagram

 

Bathtime Japanさん(@bathtime_jpn)がシェアした投稿

出典:instagram/bathtime_jpnさん

 

「うららの湯 つつじ亭」の基本情報

●住所:群馬県吾妻郡草津町草津639ー1
●電話:0279-88-9321
●定休日:年中無休
●日帰り入浴料:※2019年7月現在

 

・700円(日帰り入浴は湯めぐり手形持参の場合のみ可能)

 

●営業時間:12:30~14:00
●源泉:万代鉱源泉・湯畑源泉(湯畑源泉は貸切風呂)
●公式サイト:http://tsutsujitei.co.jp/

 

 

3−12,たぎちの湯 ひのき亭牧水

 

View this post on Instagram

 

kimさん(@kimcheees)がシェアした投稿

出典:instagram/kimcheeesさん

 

草津温泉で「和風村」の内湯めぐりが堪能できる12ヶ所目の旅館は、「たちぎの湯 ひのき亭牧水」です。

 

名前の通り、全室ヒノキ造りの客室を初め、館内の至る所にヒノキを使用したこだわりの純和風旅館。

もちろん、お風呂も総ヒノキ造り。浴槽はもちろん、床や壁も全てヒノキで出来ているんです。

お風呂は男女それぞれ内風呂のみですが、総ヒノキ造りで雰囲気は抜群。ヒノキの香りが漂うお風呂で入る温泉は心も身体もリラックス出来ますよ。

源泉は「万代鉱源泉」を使用していて源泉100%。
常に41℃から42℃に保たれているので、熱いお風呂が苦手な人でも大丈夫。

また「ひのき亭牧水」を訪れたら門から玄関まで続く日本庭園にも注目してみてください。
手入れが行き届いていて四季折々の花々が楽しめる癒しの空間です。

温泉街の中心から少し坂を上った場所にあるので、静かで落ち着いて過ごしたい人にオススメです。

 

 

View this post on Instagram

 

Masashi Kitamuraさん(@m.kitamura_1215)がシェアした投稿

出典:instagram/m.kitamura_1215さん

 

「ひのき亭牧水」の基本情報

●住所: 群馬県吾妻郡草津町草津19
●電話番号: 0279-88-3708
●日帰り入浴料:※2019年7月現在

 

・700円(湯めぐり手形がない場合も700円)

 

●日帰り入浴利用時間:11:30 〜 15:00
●源泉:万代鉱源泉
●公式サイト:http://www.bokusui.info/

 

3−13,安兵衛の湯 日新館

 

この投稿をInstagramで見る

 

monさん(@fragile_55)がシェアした投稿

出典:Instagram/fragile_55さん

 

草津温泉で「和風村」の内湯めぐりが堪能できる13ヶ所目の旅館は、「安兵衛の湯 日新館」です。

 

湯畑のすぐ下にある「日新館」は、300年以上の歴史がある草津温泉で最古の宿。
当時は、湯畑から直接お湯を引いて来れる数少ない宿でもあったそうです。

そんな「日新館」のお風呂は、男湯には内風呂と露天風呂があり、女湯には内風呂に温度の違う2つ浴槽があります。

草津温泉のお湯は熱いことで有名ですが、好みの温度を選んで入ることが出来るので熱いお風呂が苦手な人でも安心です。

また浴室はヒノキ造りになっていて、湯気抜きがある天井と太い丸太の梁が良い味わいを醸し出しています。

お湯はもちろん、すぐ目の前にある「湯畑源泉」。加水・加温なしの源泉かけ流しです。

草津温泉の歴史と温泉を堪能したい人にイチオシです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

J.A.さん(@lips_tick)がシェアした投稿

出典:Instagram/lips_tickさん

 

「安兵衛の湯 日新館」の基本情報

●住所:群馬県吾妻郡草津町草津368
●電話:0279-88-2013
●日帰り入浴料:

 

・700円(湯めぐり手形がない場合は800円)

 

●日帰り入浴利用時間:13:00~16:00
●源泉:湯畑源泉
●公式サイト:https://www.nisshinkan.com/

 

3−14,万代の湯 望雲

 

View this post on Instagram

 

チ カ .さん(@___.y9)がシェアした投稿

出典:instagram/@___.y9さん

 

草津温泉で「和風村」の内湯めぐりが堪能できる14ヶ所目の旅館は、「万代の湯 望雲」です。

 

創業はなんと江戸時代、慶長4年(1599年)と歴史の古い旅館。
十返舎一九や小林一茶などの文人にも愛されていたそうです。

そんな「雲望」のお風呂は、「万代の湯」、「西の湯」、「遊山の湯」の3ヶ所で全て男女交代制。

「万代の湯」の源泉は、「万代鉱源泉」を使用していて広々とした内風呂と露天風呂があります。「西の湯」では、「西の河原源泉」を引いていて内風呂と岩風呂風露天風呂があります。「遊山の湯」には、2つの浴槽があり、それぞれで「万代鉱源泉」と「西の河原源泉」が楽しめます。

一つの宿で2種類の源泉が楽しめるのは嬉しいですね。

また「望雲」は、庭園も自慢の一つ。温泉を満喫した後は四季折々の自然が楽しめる庭園の散策も忘れずに楽しんで下さいね。

 

 

View this post on Instagram

 

OZmall<オズモール ホテル&温泉旅館>さん(@ozmall_stay)がシェアした投稿

出典:instagram/ozmall_stayさん

 

 

View this post on Instagram

 

Bonnieさん(@msdavi)がシェアした投稿

出典:instagram/msdaviさん

 

「万代の湯 望雲」の基本情報

●住所:群馬県吾妻郡草津町草津433-1
●電話:0279-88-3251
●定休日:年中無休
●日帰り入浴料:※2019年7月現在

 

・700円(日帰り入浴は湯めぐり手形持参の場合のみ可能)

 

●営業時間:14:00~20:00
●源泉:万代鉱源泉・西の河原源泉
●公式サイト:https://www.hotelboun.com/

 

3−15,若乃湯 草津館

 

View this post on Instagram

 

みぃ ☺︎さん(@kinakomugi.mie)がシェアした投稿

出典:instagram/kinakomugi.mieさん

 

草津温泉で「和風村」の内湯めぐりが堪能できる15ヶ所目の旅館は、「若乃湯 草津館」です。

 

「草津館」は、湯畑の目の前にある江戸時代末期創業の老舗旅館。

「草津館」の一番の魅力はなんといっても自家源泉があること。草津温泉でも自家源泉を持っている旅館は少なく、「草津館」でしか入れないお湯というのが温泉好きにはたまりません。館内から源泉が湧いているところを眺めることが出来るので必見ですよ。

お風呂は、この「若乃湯源泉」と「白旗源泉」の2つが楽しめるようになっています。

男女それぞれ内風呂のみですが、2つの浴槽ががり「若乃湯源泉」と「白旗源泉」に分かれています。

もちろんどちらも源泉かけ流し。

柔らかい湯あたりの「若乃湯源泉」とピリピリと草津らしい「白旗源泉」。
入り比べを楽しんで、自分好みの源泉を見つけてみて下さい。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

☆mitsutoshi☆さん(@i.mitsutoshi)がシェアした投稿

出典:Instagram/i.mitsutoshiさん

 

「若乃湯 草津館」の基本情報

●住所: 群馬県吾妻郡草津町草津甲419
●電話: 0279-88-2027
●定休日:年中無休
●日帰り入浴料:※2019年7月現在

 

・700円(日帰り入浴は湯めぐり手形持参の場合のみ可能)

 

●営業時間:11:00~16:00
●源泉:若乃湯・白旗源泉
●公式サイト:http://www21.cx/932-kan/

 

4,【宿泊予約】「草津温泉の温泉旅館」宿泊に関するお得な料金での予約方法

この記事では、草津温泉にある「和風村」の「湯めぐり手形」と加入している15の旅館」についてご紹介してきましたが、せっかく日本を代表する名湯「草津温泉」に行くなら、「宿泊したい」と思われる方も多いはず!

そんな方のために、「草津温泉」にあるおすすめの温泉旅館をお得な料金で宿泊できる方法をご紹介いたします。

以下で、好みの温泉旅館を探し、予約状況やお得な料金で宿泊できるプランを探して予約してみてください。

 

▼「草津温泉」温泉旅館の宿泊予約は、以下でお得な料金をチェックしてみてください。

【とにかくお得に泊まりたい方】群馬「草津温泉」おすすめ温泉旅館のお得な宿泊プランはこちら

【高級温泉旅館にお得に泊まりたい方】群馬「草津温泉」おすすめの高級温泉旅館のお得な宿泊プランはこちら

 

▼「草津温泉」までレンタカーで行かれる方は、以下でお得な料金のレンタカー会社をチェックしてみてください。

全国のレンタカー30社比較・予約!1日2000円の最安値!スカイチケットレンタカー

5,「日本の秘湯」ゆーナビ編集部コメント

草津温泉の「和風村」と「湯めぐり手形」についてご紹介してきましたが、和風村に加盟している旅館はどこも老舗ばかりですよね。

伝統的な建築の建物は観る価値があります。

もちろん、お風呂は最高。さすが自然噴出量日本一の草津温泉だけあってどこも源泉かけ流し。引いている源泉は旅館ごとにそれぞれですが、源泉との距離も近いので温泉の鮮度も良いんです。

さらに浴室や浴槽にも選びぬいたヒノキや御影石を使用していて雰囲気も素敵。いかにも温泉という空間に入浴する前からテンションが上がります。

観光にも便利な「湯畑」の近くにある旅館や少し離れた隠れ家のような旅館もあるので、ぜひ「湯めぐり手形」を使って入り比べてみて下さい。

お得に日帰り入浴が楽しめたり、「湯めぐり手形」でしか利用できない旅館もあるので、次回の草津温泉では「和風村」に宿泊して「湯めぐり手形」をゲットしてくださいね。

 

6,【関連情報】「草津温泉」以外の関東の人気温泉地のおすすめ情報

今回の記事でご紹介した「草津温泉」があるのは群馬県ですが、関東エリアにはその他にも全国を代表する人気温泉地が多数存在しています。

そこで、これから関東エリアで温泉旅行を検討されてる方に、草津温泉の情報と関連して関東にあるその他のおすすめ人気温泉地の情報をまとめておきますので、参考にご覧下さい。

 

 

 

記事作成日:2019年07月25日
記事作成者:「日本の秘湯」ゆーナビ編集部

関連記事

  1. 鉄輪温泉

    別府「鉄輪温泉」立ち寄り湯が可能なオススメ日帰り温泉をまとめました。

  2. 「支笏湖温泉」で日帰り入浴ができるオススメ温泉まとめ

    「支笏湖温泉」で日帰り入浴ができるオススメ温泉をまとめました。

  3. 「白浜温泉」共同浴場(公衆浴場)!4つの外湯まとめ

    「白浜温泉」共同浴場(公衆浴場)!6つの外湯をまとめました。

  4. 長野の野沢温泉で日帰り温泉「外湯めぐり」を堪能!

    長野の野沢温泉で日帰り温泉「外湯めぐり」を堪能!おすすめ共同浴場や足湯、温泉街の遊び方まで徹底紹介!

  5. 「日本三大美人の湯」について解説。群馬「川中温泉」、和歌山「龍神温泉」、島根「湯の川温泉」をまとめました。

    「日本三大美人の湯」について解説。群馬「川中温泉」、和歌山「龍神温泉」、島根「湯の川温泉」をまとめました。

  6. 「日本三古湯」について解説。

    「日本三古泉(湯)」について解説。兵庫県「有馬温泉」、愛媛県「道後温泉」、和歌山県「白浜温泉」をまとめました。

おすすめ温泉旅館にお得に泊まれる!

 

 

 

 

 

 

国内格安航空券を探す!

 

 

国内の格安レンタカーを探す!

 

 

  1. 「宇奈月温泉」日帰り温泉で入浴可能なオススメ旅館・ホテル11施設まとめ【足湯スポット付き】

    「宇奈月温泉」日帰り温泉で入浴可能なオススメ旅館・ホテルなど14施設まとめ【足湯スポット付き】

    2019.09.06

  2. 草津温泉「和風村」

    草津温泉「和風村」湯めぐり手形で日帰り入浴ができる全15の旅館をまとめました。

    2019.07.25

  3. 「箱根湯本温泉」日帰り入浴おすすめ温泉

    「箱根湯本温泉」日帰り入浴おすすめ温泉。全24箇所の旅館施設をまとめました。

    2019.06.24

  4. 「白浜温泉」共同浴場(公衆浴場)!4つの外湯まとめ

    「白浜温泉」共同浴場(公衆浴場)!6つの外湯をまとめました。

    2019.06.13

  5. 長野「白骨温泉」の日帰り温泉オススメ全8施設まとめ

    長野「白骨温泉」の日帰り温泉オススメ全8施設をまとめました。

    2019.06.05

  1. 「日本三大美人の湯」について解説。群馬「川中温泉」、和歌山「龍神温泉」、島根「湯の川温泉」をまとめました。

    「日本三大美人の湯」について解説。群馬「川中温泉」、和歌山「龍神温泉」、島根「湯の川温泉」をまとめ…

    2018.06.05

  2. 長野「白骨温泉」の日帰り温泉オススメ全8施設まとめ

    長野「白骨温泉」の日帰り温泉オススメ全8施設をまとめました。

    2019.06.05

  3. 草津温泉の共同浴場

    「草津温泉の共同浴場(公衆浴場)」外湯めぐりで日帰り入浴を堪能。

    2018.07.05

  4. 有馬温泉「金の湯と銀の湯」

    有馬温泉「金の湯と銀の湯」! 自慢の「金泉」と「銀泉」を外湯めぐりで日帰り体験!

    2018.09.10

  5. 秋田「乳頭温泉郷」日帰り入浴で人気の温泉をまとめ

    秋田「乳頭温泉郷」日帰り入浴で人気の温泉をまとめてご紹介。

    2018.10.05

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

「日本の秘湯」サイトについて

「日本の秘湯」は、日本国内の厳選された秘湯の温泉情報をご紹介しています。日帰り温泉・スーパー銭湯の情報メディア「ゆーナビ」から「秘湯」のみに注目した特別サイトです。温泉シニアマイスターが選ぶ日本全国の秘湯をお楽しみください。