長野「白骨温泉」の日帰り温泉オススメ全8施設をまとめました。

長野「白骨温泉」の日帰り温泉オススメ全8施設まとめ

長野県松本市にある「白骨温泉」をご存知でしょうか?

標高1400mの奥地にある秘湯感が魅力。温泉好きの間で人気の高い温泉地です。

にごりのある乳白色のお湯が特徴で、弱酸性のお湯は「3日入れば、3年風邪をひかない」と言われるほど効能が高い温泉としても知られています。

そんな「白骨温泉」にはホテルや旅館がありますが、今回は日帰りでもその特徴や温泉の効能を満喫できるおすすめの日帰り入浴施設をご紹介したいと思います。

松本や安曇野、上高地といった観光地と「白骨温泉」での日帰り温泉をセットで楽しむのもおすすめですよ。

 

View this post on Instagram

 

Kana Fujisawaさん(@kanariia)がシェアした投稿

出典:instagram/kanariiaさん

 

▼長野「白骨温泉」温泉旅館の宿泊予約は、以下でお得な料金をチェックしてみてください。

【とにかくお得に泊まりたい方】長野「白骨温泉」おすすめ温泉旅館のお得な宿泊プランはこちら(「じゃらん」で見る)

 

 

1,「白骨温泉」で日帰り温泉が堪能できるオススメ温泉旅館8選

「白骨温泉」には、山の町、信州らしい風情のある温泉旅館や温泉施設がいくつもあります。

しかも嬉しいことに「白骨温泉」は湧出湯量が多く、源泉かけ流し100%というところが多いんです。

今回はそんな旅館の中から日帰り入浴が楽しめるおすすめの温泉旅館8箇所をピックアップしてみました。

 

●小梨の湯 笹屋
●泡の湯
●山水観 湯川荘
●かつらの湯 丸永旅館
●煤香庵
●白船荘 新宅旅館
●おやすみ処 球道
●白骨温泉公共野天風呂

 

それでは、以下で順番に見ていきましょう。

 

1−1,小梨の湯 笹屋

 

View this post on Instagram

 

Furihata Architectural Designさん(@furihata.a.d.o)がシェアした投稿

出典:instagram/furihata.a.d.oさん

 

「白骨温泉」で日帰り入浴が楽しめる旅館の1つ目は、「小梨の湯 笹屋」です。

温泉街から少し離れた「中部山岳国立公園」の豊かな自然の中にある「小梨の湯 笹屋」。

全10室という贅沢な造りの宿です。

「笹屋」の注目ポイントは何といっても無料の貸切露天風呂!

自家源泉があり、もちろんお湯は源泉かけ流し。硫黄の香りもしっかりと感じられ温泉好きにはたまりません。

また内湯も窓からは白樺の林が眺められる絶景が自慢。秋には紅葉、冬には雪景色、そして夏には窓が開けられ半露天風呂として楽しめます。

お湯も熱すぎないので景色を眺めならのんびりと過ごすことが出来きリラックス効果も抜群です。

上高地や乗鞍山、西穂高ロープーウェイなどの観光地へのアクセスも良いので観光プランの一つに入れてみれはいかがでしょうか。

 

 

View this post on Instagram

 

温泉ソムリエ eriさん(@eri_1124)がシェアした投稿

出典:instagram/eri_1124さん

 

 

View this post on Instagram

 

Ritsukoさん(@under_the_palace)がシェアした投稿

出典:instagram/under_the_palaceさん

 

「小梨の湯 笹屋」の基本情報

●住所:長野県松本市安曇4182-1
●電話番号:0263-93-2132
●営業時間:11:00~14:00
●定休日:年中無休 ※日帰り利用が出来ない日があるので事前に電話で確認が必要です。
●料金:※2019年6月現在

 

・内湯600円
・貸切露天風呂600円(30分)

 

●泉質:含硫黄-カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉
●公式サイト:http://konashinoyu.com/

 

1−2,泡の湯

 

View this post on Instagram

 

みか づきん♂男さん(@mikadukin_chan)がシェアした投稿

出典:instagram/mikadukin_chanさん

 

「白骨温泉」で日帰り入浴が楽しめる旅館の2つ目は、「泡の湯」です。

「泡の湯」は、メディアでも紹介されることが多い「混浴大野天風呂」が有名な老舗旅館。

混浴といっても入り口は男女別に分かれていて、お湯もしっかりと白濁しているので女性でも比較的ハードルが低く、抵抗なく入ることが出来きます。

しかも女性はタオルを巻いてはいることもOKなので安心です。

50人くらいは入れる広々とした岩風呂風の露天風呂で辺りは木々に囲まれていて開放感もたっぷりです。

また露天風呂以外には男女それぞれに内湯があり、どちらも木造檜づくりで昔ながらの湯治場の風情がたっぷり。

浴槽は「ぬる湯」と「あつ湯」に分かれていてどちらも源泉そのままです。

源泉は同じですがお湯の温度によって色が違うのに驚きます。

さらに「泡の湯」では飲泉も可能。

受付とお風呂場の間には飲泉場があるので、ぜひ試してみてください。

※上記とは別に日帰り専用の外湯もあります。

 

 

View this post on Instagram

 

Shigeki Fukudaさん(@shigeshigepee)がシェアした投稿

出典:instagram/shigeshigepeeさん

 

「泡の湯」の基本情報

●住所:長野県松本市安曇4181
●電話番号:0263-93-2101
●営業時間:

 

・本館/10:30~13:30※14:00退館
・外湯/14:00~17:00

 

●定休日:

 

・本館/年中無休
・外湯/週末と夏休み期間中のみ営業(具体的な日程は要問い合わせ)
公式サイトで営業日の確認ができます。

 

●料金:※2019年6月現在の料金

 

・本館/大人(中学生以上)1000円、子供(3歳から小学生)600円
・外湯/大人(中学生以上)700円、子供(3歳から小学生)500円

 

●泉質:含硫黄-カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉(硫化水素型)
●公式サイト:http://www.awanoyu-ryokan.com/

 

1−3,山水観 湯川荘

 

View this post on Instagram

 

Yuta Miyazawaさん(@yu_ta_miyazawa)がシェアした投稿

出典:instagram/yu_ta_miyazawaさん

 

「白骨温泉」で日帰り入浴が楽しめる旅館の3つ目は、「山水観 湯川荘」です。

車一台がようやく通れるつり橋を渡った先にある秘境感溢れる温泉宿です。

「湯川荘」の自慢は50年間使い続けている湯舟。(普通は20年くらいで交換します)

そのため、木曽の「椹」を使っている木造の湯舟にもかかわらず長年の温泉成分が固まって石で出来ているかのように見えてしまいます。

50年物の湯舟には内湯で入ることが出来ます。

内湯の浴槽は仕切りがあって「あつめのお湯」と「ぬるめのお湯」に分かれています。どちらのお湯も自然湧出の温泉を源泉かけ流し。とっても贅沢ですよね。

そして3カ所ある露天風呂はすべて貸切。嬉しいことに無料で利用することが出来ます。

お湯も熱過ぎないので、辺りの自然を眺めながらのんびり浸かるのにぴったり。

また「湯川荘」でも飲泉ができるのでぜひ試してみてください。

なお日帰りプランは以下のようになっています。

 

▶参考:日帰りプランは、1日2組限定で「11:30~14:30」まで個室がご利用いただける昼食付きのプランになります。

 

 

 

View this post on Instagram

 

Isao Kikuchiさん(@yurisao_kiku)がシェアした投稿

出典:instagram/yurisao_kikusさん

 

 

View this post on Instagram

 

imiamさん(@imiamagak)がシェアした投稿

出典:instagram/imiamagakさん

 

「山水観 湯川荘」の基本情報

●住所:長野県松本市安曇白骨4196
●電話番号:0263-93-2226
●営業時間:11:30~14:30
●定休日:年中無休
●料金:※2019年6月現在

 

・大人1人/8,640円(個室休憩でご入浴+ご昼食。2名様ご利用の場合)
※1日2組限定で「11:30~14:30」まで個室がご利用いただける昼食付きのプランです。

 

●泉質:含硫黄-カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉 【硫化水素型】 (中性低張性高温泉)
●公式サイト:http://sansuikan-yu.com/

 

1−4,かつらの湯 丸永旅館

 

View this post on Instagram

 

BOSSさん(@masa7660)がシェアした投稿

出典:instagram/masa7660さん

 

「白骨温泉」で日帰り入浴が楽しめる旅館の4つ目は、「かつらの湯 丸永旅館」です。

「かつらの湯 丸永旅館」は小ぢんまりとしながらもどこかノスタルジックな雰囲気がする温泉宿です。

温泉は、混浴露天風呂と男女それぞれ内湯があります。

どちらもしっかりと白く濁った白骨温泉らしいお湯が楽しめます。

露天風呂の周りには自然が多くリラックス効果も抜群。混浴ではありますが、女湯の内湯から露天風呂へは専用の通路がありタオルも着用可なので女性も比較的ハードルが低く安心して利用できます。

カップルや家族で来た時にはみんなで一緒のお風呂に入れるのでうれしいですね。

また旅館の敷地内には温泉が噴出した跡の噴湯丘がいくつもあり日本ではとても珍しい景色です。

温泉に立ち寄った際はぜひ注目してみてください。

 

 

View this post on Instagram

 

温泉タオル集めよっかな〜さん(@iiyudanaaa)がシェアした投稿

出典:instagram/iiyudanaaaさん

 

 

View this post on Instagram

 

BOSSさん(@masa7660)がシェアした投稿

出典:instagram/masa7660さん

 

「かつらの湯 丸永旅館」の基本情報

●住所:長野県松本市安曇白骨温泉4185-2
●電話番号:0263-93-2119
●営業時間:11:00~15:00
●定休日:不定休 ※日帰り利用が出来ない日があるので事前に電話で確認が必要です。
●料金:※2019年6月現在

 

・内湯 500円

 

●泉質:含硫黄・カルシウム・マグネシウム・炭酸水素塩泉
●公式サイト:http://www.maruei.in/

 

1−5,煤香庵

 

View this post on Instagram

 

Masayuki Hashimotoさん(@hashimoto.masayuki)がシェアした投稿

出典:instagram/hashimoto.masayukiさん

 

「白骨温泉」で日帰り入浴が楽しめる旅館の5つ目は、「煤香庵」です。

煤香庵」では日帰りで入浴と食事が楽しめます。

予約なしでもOKと、気軽に利用できるので立ち寄り湯にぴったり。

水車があったり囲炉裏があったりと民芸調の建物がいかにも信州らしくて落ち着きます。

お風呂は男湯女湯にそれぞれ露天風呂が1つずつ。お湯は源泉かけ流し、白濁していて硫黄の香りもしっかりと感じられる良質の温泉です。

お風呂からの眺めも抜群で、特に紅葉の季節には色鮮やかなに色づいた山々の景色が楽しめます。

温度も熱過ぎずゆっくり温泉と自然に癒されすのに最適です。

お風呂上りには食事処で温泉で炊いたという名物の「温泉粥」をぜひどうぞ。

 

 

View this post on Instagram

 

気ままにゆる湯さん(@onsengram_)がシェアした投稿

出典:instagram/onsengram_さん

 

「煤香庵」の基本情報

●住所:長野県松本市安曇白骨温泉
●電話番号:0263-93-2917
●営業時間:11:00~19:00
●営業期間:4月21日~11月下旬
●定休日:水曜
●料金:※2019年6月現在

 

・700円

 

●泉質:含硫黄-カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉
●公式サイト:http://www.baikoan.net/

 

1−6,白船荘 新宅旅館

 

View this post on Instagram

 

今村 良(Ryo Imamura)♋さん(@ryopiece1103)がシェアした投稿

出典:instagram/ryopiece1103さん

 

「白骨温泉」で日帰り入浴が楽しめる旅館の5つ目は、「白船荘 新宅旅館」です。

「白船荘 新宅旅館」は、1865年創業の老舗高級旅館。
宿泊すると一人「16,000円」以上と少し高めになってしまいますが、日帰りだと気軽に利用できるのでオススメです。

お風呂は男女それぞれに内湯が1つと露天風呂が1つ。

露天風呂は自然に囲まれ開放感抜群。北アルプスの山々も眺められます。

そして内湯は広々としていているのでのんびり温泉に浸かることが出来ます。

お湯はもちろん源泉かけ流しで、乳白色でほのかな硫黄の香りが白骨温泉らしさを感じさせてくれます。

また、すべてのお風呂で飲泉も可能です。

落ち着いた環境でゆっくりと温泉を楽しみたいときにぴったりです。

 

 

View this post on Instagram

 

アラサー女の温泉備忘録さん(@onsen_315)がシェアした投稿

出典:instagram/onsen_315さん

 

「白船荘 新宅旅館」の基本情報

●住所:長野県松本市安曇4201
●電話番号:0263-93-2201
●営業時間:12:00~14:00
●定休日:不定休 ※事前に電話で確認ください。※冬季は日帰りの利用は出来ません。
●料金:※2019年6月現在

 

・大人700円
・子供350円

 

●泉質:含硫黄-カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉
●公式サイト:http://shintaku-ryokan.jp/

 

1−7,おやすみ処 球道

 

この投稿をInstagramで見る

 

アラサー女の温泉備忘録さん(@onsen_315)がシェアした投稿

出典:Instagram/onsen_315さん

 

「白骨温泉」で日帰り入浴が楽しめる旅館の7つ目は、「おやすみ処 球道」です。

「おやすみ処 球道」は、白骨温泉街の入口近くにある、日帰り入浴と食事が楽しめる施設です。

お風呂は露天風呂のみとシンプルですが、檜造りの湯舟で乳白色の温泉を楽しむことができます。

浴槽も3人ほどが入れる広さしかありませんが、野趣あふれ雰囲気が魅力です。

日帰り温泉施設としてはあまり知られていない穴場で貸切状態で楽しめることも多いのが特徴です。

お風呂あがりには地元の山菜料理や自慢のコーヒーをいただきながらのんびりと旅の疲れを癒すのにオススメの施設です。

 

「おやすみ処 球道」の基本情報

●住所:長野県松本市安曇白骨温泉4197-16
●電話番号:0263-93-2444
●営業時間:8:00~18:00
●定休日:不定休 ※事前に電話で確認ください。※冬季は休業。
●料金:※2019年6月現在

 

・大人700円

 

●泉質:カルシウム-炭酸水素塩泉
●公式サイト:http://www.shirahone.org/kyudo/

 

1−8,白骨温泉公共野天風呂

 

この投稿をInstagramで見る

 

Himerinさん(@himerinnn)がシェアした投稿

出典:Instagram/momo_hudesさん

 

「白骨温泉」で日帰り入浴が楽しめる旅館の8つ目は、「白骨温泉公共野天風呂」です。

「白骨温泉公共野天風呂」は白骨温泉のシンボル的存在の共同浴場。

約4年間営業を停止していましたが、ついに2019年4月27日から営業を再開しました。

お風呂は男女別の露天風呂のみ。露天風呂は結構広々としていて10人くらいは一度に入ることが出来ます。

野天風呂という名前の通り、お風呂の周辺には国立公園の森が広がり、すぐそばに川も流れる自然あふれる環境です。

少し硫黄が香る白濁したお湯は「白骨温泉」らしさ満点。

渓谷の四季折々の自然を眺めながら入る開放感抜群の露天風呂が魅力です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takaya Hondaさん(@latch.circuit)がシェアした投稿

出典:instagram/latch.circuitさん

 

「白骨温泉公共野天風呂」の基本情報

●住所:長野県松本市安曇白骨温泉
●電話番号:0263-93-3251 ※白骨温泉観光案内所
●営業時間:10:00~17:00
●定休日:不定休 ※事前に電話で確認ください。
●料金:

 

・大人510円
・小学生以下300円

 

●泉質:含硫黄-カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉
●公式サイト:http://shirahone-onsen.org/

 

2,長野「白骨温泉」までのアクセス情報

GoogleMAPで見る場合はこちら

 

郵便番号:〒390-1515
住所:長野県松本市安曇4197-16
電話番号:0263-93-3251

 

電車&バス

●東京・大阪方面から

・新幹線、JR線特急で「松本」駅まで行き、そこから松本電鉄線に乗車、「新島々」駅下車。その後バス(約70分)またはタクシー(約50分)で白骨温泉まで

 

●名古屋方面から

・ワイドビューひだで「高山」駅まで行き、そこから濃飛バスに乗車、「沢渡(岩見平)」で下車(約75分)。バスを乗り換えて「白骨温泉」まで

※東京・名古屋・大阪から「松本」まで高速バスもあります。

 

●東京・名古屋方面から

・中央自動車道を利用して「松本IC」まで、その後、国道158号線と県道300号を利用して白骨温泉まで

 

●名古屋方面から

・中央自動車道を利用して「中津川IC」まで、その後、国道19号線と奈川渡ダムを経由して白骨温泉まで

 

,【宿泊予約】「白骨温泉の温泉旅館」お得な料金での宿泊方法

この記事では、温泉好きの中では人気の長野の秘湯「白骨温泉エリア」にあるホテルや温泉旅館で立ち寄り湯が堪能できる日帰り温泉施設についてご紹介してきましたが、せっかく「白骨温泉」まで行くなら、「おすすめの温泉旅館に宿泊したい」と思われる方も多いはず!

そんな方のために、「白骨温泉」にあるおすすめの温泉旅館をお得な料金で宿泊できる方法をご紹介いたします。

以下で、好みの温泉旅館を探し、予約状況やお得な料金で宿泊できるプランを探して予約してみてください。

 

▼長野「白骨温泉」温泉旅館の宿泊予約は、以下でお得な料金をチェックしてみてください。

【とにかくお得に泊まりたい方】長野「白骨温泉」おすすめ温泉旅館のお得な宿泊プランはこちら(「じゃらん」で見る)

 

4,ゆーナビ「日本の秘湯」編集部コメント

「3日入れば、3年風邪をひかない」と言われるほど効能が高い「白骨温泉」。

綺麗な乳白色のお湯は温泉好きならずとも一度は入ってみたいと思いませんか?

「白骨温泉」の日帰り入浴ができる施設はどこも信州らしい、どこか懐かしい雰囲気がするところが多いのも魅力です。そして秘湯感溢れる温泉でもあり、信州の美しい自然も堪能しながら入る温泉は最高です。

マイナスイオンもたっぷりで温泉の効能だけでなく、疲労回復やリラックスにも効果抜群です。「春、夏、秋、冬」いついっても違った楽しみがあるので、一度訪れてみるとその後は何度でも行きたくなってしまいます。

ただし、紹介した旅館や施設は日帰り入浴が出来ない日があったり、時間も限られているので注意してください。

行く前に電話で確認しておくことをオススメします。

 

 

記事作成日:2019年6月5日
記事作成者:「日本の秘湯」ゆーナビ編集部

関連記事

  1. 別府温泉エリアの「共同浴場(公衆浴場)」!25箇所の外湯をまとめてご紹介。

    別府温泉エリアの「共同浴場(公衆浴場)」!25箇所の外湯をまとめてご紹介。

  2. 下呂温泉の共同浴場(公衆浴場)3つの日帰り入浴施設をまとめました。

    下呂温泉の共同浴場(公衆浴場)3つの日帰り入浴施設をまとめました。

  3. 「熱海温泉の共同浴場(公衆浴場)」4つの日帰り入浴施設をまとめ

    「熱海温泉の共同浴場(公衆浴場)」5つの外湯をまとめました。

  4. 「有馬温泉」の日帰り温泉が堪能できるオススメ全26施設まとめ

    「有馬温泉」おすすめ日帰り温泉。立ち寄り湯ができる24施設をまとめました。

  5. 「日本三大美人の湯」について解説。群馬「川中温泉」、和歌山「龍神温泉」、島根「湯の川温泉」をまとめました。

    「日本三大美人の湯」について解説。群馬「川中温泉」、和歌山「龍神温泉」、島根「湯の川温泉」をまとめました。

  6. 「登別温泉」日帰り入浴ができるおすすめ温泉施設まとめ

    「登別温泉」日帰り入浴ができるおすすめ温泉施設をまとめました。

おすすめ温泉旅館にお得に泊まれる!

 

 

 

 

 

 

  1. 「白浜温泉」共同浴場(公衆浴場)!4つの外湯まとめ

    「白浜温泉」共同浴場(公衆浴場)!6つの外湯をまとめました。

    2019.06.13

  2. 長野「白骨温泉」の日帰り温泉オススメ全8施設まとめ

    長野「白骨温泉」の日帰り温泉オススメ全8施設をまとめました。

    2019.06.05

  3. 「明礬温泉」立ち寄り湯ができるおすすめ日帰り温泉施設まとめ

    「明礬温泉」立ち寄り湯ができるおすすめ日帰り温泉施設をまとめました。

    2019.04.08

  4. 草津温泉のおすすめ日帰り温泉情報まとめ

    群馬「草津温泉」おすすめ日帰り温泉。立ち寄り湯が可能な全33施設まとめ。

    2019.03.08

  5. 鉄輪温泉

    別府「鉄輪温泉」立ち寄り湯が可能なオススメ日帰り温泉をまとめました。

    2019.02.21

  1. 「由布院温泉」立ち寄り湯が可能なおすすめの日帰り温泉

    「由布院温泉(湯布院)」立ち寄り湯が可能なオススメ日帰り温泉をまとめ。

    2018.12.11

  2. 静岡「熱海温泉」の日帰り温泉オススメ全21施設をまとめ

    静岡「熱海温泉」の日帰り温泉オススメ全21施設をまとめました。

    2018.10.02

  3. 鬼怒川温泉のおすすめ日帰り温泉

    栃木「鬼怒川温泉」日帰り温泉で入浴可能な全19ヶ所の旅館施設などをまとめました。

    2019.01.17

  4. 「白浜温泉」共同浴場(公衆浴場)!4つの外湯まとめ

    「白浜温泉」共同浴場(公衆浴場)!6つの外湯をまとめました。

    2019.06.13

  5. 「由布院温泉の共同浴場(公衆浴場)」7つの外湯

    「由布院温泉の共同浴場(公衆浴場)」7つの外湯をまとめました。

    2018.11.14

カレンダー

2019年6月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

「日本の秘湯」サイトについて

「日本の秘湯」は、日本国内の厳選された秘湯の温泉情報をご紹介しています。日帰り温泉・スーパー銭湯の情報メディア「ゆーナビ」から「秘湯」のみに注目した特別サイトです。温泉シニアマイスターが選ぶ日本全国の秘湯をお楽しみください。