「明礬温泉」立ち寄り湯ができるおすすめ日帰り温泉施設をまとめました。

「明礬温泉」立ち寄り湯ができるおすすめ日帰り温泉施設まとめ

いきなりですが、質問です。

大分県の「別府八湯」の中で、「湯の花」の生産量が一番多いエリアはどこでしょうか?

 

▶参考情報1:「別府八湯」とは?以下をご覧下さい。
別府市内にある別府温泉郷の中にある温泉地の事で「別府温泉」・「浜脇温泉」・「鉄輪温泉」・「明礬温泉」・「柴石温泉」・「亀川温泉」・「堀田温泉」・「観海寺温泉」のことを言います。

▶参考情報:「湯の花」とは?以下をご覧下さい。
「湯の花」とは、湯の花小屋という場所でできる入浴剤のことです。別府のお土産としても有名です。

 

さて、質問の答えですが、分かりましたか?

正解は、「明礬温泉」エリアなんです。

「明礬温泉」エリアに入ったとたんに漂う硫黄の匂い。建ち並ぶ湯の花小屋。

「明礬温泉」の場所は高台にありますので、明礬大橋や別府湾を眺めることができます。「地獄めぐり」で有名な、「鉄輪温泉」エリアと同じくらいに人気があるというのもうなずけます。

しかしながら、人気があるのですが、なぜか場所がよく分からないという人も多い不思議なエリアでもあります。

山に囲まれているエリアだからでしょか?

「明礬温泉」エリアは、泥湯から道の駅のような温泉施設、セラミックサンドバスというあまり聞き慣れないものがある貸切風呂、さらには足湯や野湯まであります。

別府温泉郷に旅行の際には、好みに応じてピックアップしてみるのも面白いかもしれません。

今回は、そんな「明礬温泉」エリアの中で立ち寄り湯ができるおすすめの日帰り温泉をたっぷりとご紹介させていただきます。

 

▼【関連情報】別府「明礬温泉」に関連するその他の情報は、以下もご覧下さい。

明礬温泉にある「共同浴場(公衆浴場)」についてまとめました

 

▼別府「明礬温泉」温泉旅館の宿泊予約は、以下でお得な料金をチェックしてみてください。

【とにかくお得に泊まりたい方】別府「明礬温泉エリア」おすすめ温泉旅館のお得な宿泊プランはこちら(「じゃらん」で見る)

 

 

1,「明礬温泉」エリアの日帰り温泉おすすめ16選をまとめ一覧

最初に、この記事でご紹介する「明礬温泉」エリアのおすすめ日帰り温泉の名称を一覧で16箇所ご紹介しておきます。

「明礬温泉」エリアは、「鉄輪温泉」エリアと同じく「地獄蒸し」も有名です。

温泉の泉質が違いますので、「地獄蒸し」の味も違います。綺麗な景色を眺めながら、「地獄蒸し」を楽しむのもよいですよ。

いやいや!まずは温泉でしょう。はい。そのとおりです。(笑)

ご紹介する立ち寄り湯ができる日帰り温泉は以下の通りです。

 

(1)明礬温泉にある日帰りおすすめ温泉16箇所

●別府温泉保養ランド
●ホテルさわやかハートピア明礬
●明礬湯の里
●湯屋えびす
●湯元屋旅館
●岡本屋旅館
●明礬山の湯
●旅館若杉
●豊前屋旅館
●旅館みどり荘
●奥明礬山荘
●湯山の里 和さび人
●明礬地獄の足湯
●杜の湯リゾート 空の湯
●鶴の湯
●へびん湯

 

それでは、順番に見ていきましょう。

最初にご紹介させていただくのは「別府温泉保養ランド」です。

 

1−1,別府温泉保養ランド

明礬温泉「別府温泉保養ランド」
写真:「別府温泉保養ランド」の泥湯の写真です。

 

明礬温泉の立ち寄り湯ができる日帰り入浴でおすすめの施設の1つ目は、「別府温泉保養ランド」です。

「別府温泉保養ランド」は、なんと泥の温泉です。

泥というと、ドロッとしたあれです。あれを体に塗ることができるのが「別府温泉保養ランド」です。

最初に白濁している「コロイド湯」という温泉に入浴し、その後「泥湯」に入浴します。

「コロイド湯」も「泥湯」も酸性の温泉ですので、しばらく入浴しているとピリピリしてきます。
地獄噴気の「蒸し湯」もあり、「泥湯」ともども自然の力を体験できる日帰り温泉です。

 

「別府温泉保養ランド」について詳しくは以下で詳しく解説している記事がありますので、是非、ご覧下さい。

 

「別府温泉保養ランド」の基本情報

住所:大分県別府市明礬5組-1
電話番号:0977-66-2221
営業時間:9:00 〜 20:00 ※屋内の泥湯・蒸し湯は19:30まで
定休日:なし
入浴料金:※2019年4月現在

 

・大人/1100円
・小学生/600円
・幼児(5歳以下)/350円

 

お風呂情報:

 

●露天風呂

・鉱泥大・小浴場(混浴)
・滝湯

 

●屋内

・屋内コロイド湯(男女別各1)
・鉱泥大浴場(どろ湯)(男女別各1)
・蒸し湯(男女別各1)

 

泉質:酸性単純泉
駐車場:あり200台
公式サイト:http://hoyoland.webcrow.jp/

 

1−2,ホテルさわやかハートピア明礬

 

View this post on Instagram

 

TAKA.@さん(@takayoshi.1504)がシェアした投稿

出典:instagram/takayoshi.1504さん

 

明礬温泉の立ち寄り湯ができる日帰り入浴でおすすめの施設の2つ目は、「ホテルさわやかハートピア明礬」です。

「ホテルさわやかハートピア明礬」は、内湯と露天風呂に分かれています。

 

(1)露天風呂

露天風呂へ行く途中には、森の中の遊歩道があり泥の地獄を見ることができます。それだけでも「秘湯」に行っているような気分になります。

露天風呂自体は、白濁した「硫黄泉」ですので、ずしりとくる硫黄感と匂いがあります。

 

▶参考情報:「硫黄泉」の泉質について詳しくはこちらをご覧下さい。

 

湯船の中には小さな扉があり、そこから外に出ると小さな湯船があります。

山の景色を見ながら入浴できる秘湯体験ができます。

 

(2)内湯

内湯はホテルの館内に移動しなければいけませんが、サッパリ系の「単純温泉」です。

 

▶参考情報:「単純温泉」の泉質について詳しくはこちらをご覧下さい。

 

露天風呂の後に入浴すると、お肌が保湿されたような感覚になります。

 

「ホテルさわやかハートピア明礬」の基本情報

住所:大分県別府市明礬5
電話番号:0977-66-1321
営業時間:

 

・平日と土曜日/13:00〜21:00 ※岩風呂は14:00〜
・日、祝日/10:00~21:00

 

定休日:なし
入浴料金:※2019年4月現在

 

・大人/500円
・子供/250円(3歳以上)

 

お風呂情報:

 

・内湯(男女各1づつ)
・露天風呂(男女各1づつ)

 

泉質:

 

・単純温泉(内湯)
・単純硫黄泉(露天風呂)

 

駐車場:あり50台
公式サイト:http://www.sawayaka-hotel.jp/myouban/

 

1−3,明礬湯の里

明礬湯の里の写真

写真は「明礬湯の里」のわら葺き屋根の「家族湯」の様子です。

 

明礬温泉の立ち寄り湯ができる日帰り入浴でおすすめの施設の3つ目は、「明礬湯の里」です。

ここ明礬温泉「明礬湯の里」は、別府で人気の施設のひとつ。

「明礬温泉」エリアの中に、湯の花小屋の見学もできる道の駅を思わせる場所があります。地獄見学やレストランや売店などもあり、のんびり過ごすことができ・・そんな中にあるのが「明礬湯の里」で、眺めのいい露天風呂と静かな内湯を体験することができます。

泉質は白濁した「硫黄泉」。

ガツンとくる硫黄の重さと独特の匂いがあります。

 

「明礬湯の里」について詳しくは以下で詳しく解説している記事がありますので、是非、ご覧下さい。

 

▶参考情報:「明礬湯の里」絶景露天風呂や湯の花小屋に似た家族湯などをご紹介

 

「明礬湯の里」の基本情報

住所:大分県別府市明礬温泉6組
電話番号:0977-66-8166
営業時間:

 

・大露天岩風呂、内湯/10:00〜21:00(受付20:00)
・家族風呂/10:00〜21:00(受付20:00)

 

定休日:なし
入浴料金:※2019年4月現在

 

・600円

 

お風呂情報:

 

・露天風呂(男女各1づつ)
・内湯(男女各1づつ)
・家族風呂4

 

泉質:酸性・含硫黄ー単純温泉
駐車場:80台(小型・大型バス駐車場あり)*無料
公式サイト:http://yuno-hana.jp/

 

1−4,えびすの湯(湯屋えびす)

 

View this post on Instagram

 

mitsu_stagramさん(@mitsu_stagram)がシェアした投稿

出典:instagram/mitsu_stagramさん

 

明礬温泉の立ち寄り湯ができる日帰り入浴でおすすめの施設の4つ目は、「えびすの湯(湯屋えびす)」です。

「えびすの湯(湯屋えびす)」は奇数日と偶数日で立ち寄りできるお風呂が変わります。

露天風呂だけではなく、屋根付きの岩風呂やジャグジー風呂、箱蒸し風呂、3つの壺湯までついた広い場所の日もあれば、完全に内湯で、泉質の違う湯船があり洞窟風呂のような湯船や岩風呂など数種類があるやや狭めの場所の場合もあります。

(ちなみに、この記事を書いている私(温泉シニアマイスター小井 明日香)は、箱蒸し風呂が大好きなので奇数日になるように狙って訪問することが多いです。笑)

女性は奇数日が広い方になり、男性は偶数日が広い方になります。

訪問の際には、どちらがどちらか確認して下さいね。

 

「えびすの湯(湯屋えびす)」の基本情報

住所:大分県別府市明礬4組
電話番号:0977-67-5858
営業時間:10:00〜23:00
定休日:不定休(月に一度メンテナンス休館日あり)
入浴料金:※2019年4月現在

 

・大人/1,200円
・大人(タオル付き)/1,500円
・中学生/500円
・小学生/300円

●備品

・タオルセット/300円

 

お風呂情報:

 

・露天風呂
・内湯
・ジャグジー風呂
・蒸し湯(男女日替わり)
・家族風呂5
・岩盤浴

 

泉質:

 

・単純硫黄泉
・単純温泉

 

駐車場:あり20台
公式サイト:http://www.e-ebisu.biz/

 

1−5,湯元屋旅館

 

View this post on Instagram

 

kotomiさん(@sora.shido)がシェアした投稿

出典:instagram/sora.shidoさん

 

明礬温泉の立ち寄り湯ができる日帰り入浴でおすすめの施設の5つ目は、「湯元屋旅館」です。

明礬の大通りから少し入った細い通りにあるのが、「湯元屋旅館」です。共同浴場(公衆浴場)の「鶴寿泉」から道を挟んだ向かい側です。

こじんまりとした旅館で、お風呂はどちらも貸切で楽しめます。

温泉は、明礬温泉でも珍しい酸性の含アルミニウム泉。現在では含鉄泉に分類されます。お湯自体にはにごりがあり、白というよりはねずみ色に近いです。味はかなり酸っぱく、入浴していると鉄成分で体が赤くなってきます。

 

「湯元屋旅館」の基本情報

住所:大分県別府市明礬1214
電話番号:0977-66-0322
営業時間:10:00〜20:00(受付19:00)
定休日:不定休
入浴料金:※2019年4月現在

 

・500円

 

お風呂情報:

 

・ひのき風呂
・岩風呂(各1づつ・貸し切り)

 

泉質:酸性・含アルミニウムー硫酸塩泉
駐車場:あり10台
公式サイト:http://www.yumotoyaryokan.jp/

 

1−6,岡本屋旅館

 

View this post on Instagram

 

Katsumasa Chiyoさん(@chiyokatsumasa)がシェアした投稿

出典:instagram/chiyokatsumasaさん

 

明礬温泉の立ち寄り湯ができる日帰り入浴でおすすめの施設の6つ目は、「岡本屋旅館」です。

綺麗に手入れされている日本庭園にコバルトブルーの温泉が満ちていたら、それだけでも癒やされてしまいませんか。そこに大きな明礬大橋を見ながら入浴できて、さらに「硫黄泉」なのに飲泉できるなんて至れり尽くせりです。

「岡本屋旅館」は、岩風呂とひのき風呂。さらには、前述のとおり日本庭園の露天風呂まであります。

これだけ素敵な温泉に日帰り立ち寄り湯をさせていただけるのですが、入浴の営業時間は1時間のみなのです。

訪問の際には、予約をしてから行くようにしましょう。

もしくは、宿泊するのもいいかもしれませんよ。

 

「岡本屋旅館」の基本情報

住所:大分県別府市別府市明礬4
電話番号:0977-66-3228
営業時間:13:00〜14:00
定休日:不定休(要確認)
入浴料金:※2019年4月現在

 

・800円

 

お風呂情報:露天風呂、内湯
泉質:酸性硫黄泉
駐車場:あり7台
公式サイト:https://www.okamotoya.net/

 

1−7,明礬山の湯

 

View this post on Instagram

 

TAKA.@さん(@takayoshi.1504)がシェアした投稿

出典:instagram/takayoshi.1504さん

 

明礬温泉の立ち寄り湯ができる日帰り入浴でおすすめの施設の7つ目は、「明礬山の湯」です。

「明礬温泉」エリアは高台にありますが、露天風呂だと風が強い時もあるという欠点があります。ですが、こちらの「明礬山の湯」は、内湯でガラス越しに外の景色を見ることができます。

内湯の岩風呂にかけ流されているのは、硫黄の香りが漂う「単純温泉」。

また貸切家族風呂も1時間単位で利用することができ、ゆったりとした時間を過ごせます。

サービスで食べられる「地獄蒸し玉子」が、湯上がりには最高です。

 

「明礬山の湯」の基本情報

住所:大分県別府市明礬1244-4
電話番号:0977-66-5881
営業時間:13:00〜20:00(受付19:00)
定休日:不定休
入浴料金:※2019年4月現在

 

・500円
・貸切家族風呂/1時間1500円

 

お風呂情報:内湯(男女各1)・家族風呂
泉質:単純温泉
駐車場:あり12台
展望岩風呂(岡本屋と同じ系列の温泉施設です)
公式サイト:http://www.jigoku-prin.com/hotspring/index.html

 

1−8,旅館若杉

 

View this post on Instagram

 

ミサキさん(@misakisansun)がシェアした投稿

出典:instagram/misakisansunさん

 

明礬温泉の立ち寄り湯ができる日帰り入浴でおすすめの施設の8つ目は、「旅館若杉」です。

この記事を書いている私は、温泉マニアですので源泉から温泉をすくって味見をすることがあります。

この「旅館若杉」に訪問した際にも、味見をしたことがあります。

はい。かなり強烈でした。注)絶対にマネをしないでください。

通常の硫黄泉とは比べものにならないくらいの硫黄感がありました。入浴すると、普通の硫黄泉がガツンなら、若杉は「ドカン!」です。全身に硫黄がまとわりつくほど、強力な硫黄泉を体験できます。

硫黄泉がお好きな方は、「明礬温泉」エリアに訪問した際に是非体験してみて下さいね。

 

「旅館若杉」の基本情報

住所:大分県別府市明礬1組
電話番号:0977-66-0966
営業時間:10:00〜17:00ごろ
定休日:

 

・土曜日、連休、お盆・年末年始は、立ち寄り湯は営業なし。

 

入浴料金:

 

・貸切2名1500円/60分
・貸切1名500円/30分

 

お風呂情報:内風呂1(貸し切り)
泉質:硫黄泉
駐車場:あり
公式サイト:https://beppu-wakasugi.jimdo.com/

 

1−9,豊前屋旅館

 

View this post on Instagram

 

hitoritabiokさん(@hitoritabiok)がシェアした投稿

出典:instagram/hitoritabiokさん

 

明礬温泉の立ち寄り湯ができる日帰り入浴でおすすめの施設の9つ目は、「豊前屋旅館」です。

「明礬温泉」エリアの中には、一般の人が立ち入れない組合温泉と呼ばれる「共同浴場(公衆浴場)」があります。また、以前は立ち寄りできたけど現在は立ち寄れないという場所もあります。

そんな「共同浴場(公衆浴場)」の中で地蔵泉という隠れ家的な場所がありました。現在も建物は残っているのですが、そこのすぐ目の前にあるのが「豊前屋旅館」です。

大分熊本地震で、一度は閉館したものの無事再開した旅館です。

温泉の泉質は、白濁した「硫黄泉」。

新しいけれどもこじんまりとした湯船が、隠れ家感をかもしだしてくれます。

 

「豊前屋旅館」の基本情報

住所:大分県別府市明礬2
電話番号:0977-66-0537
営業時間:11:00〜16:00
定休日:不定休(宿泊者優先のため、混雑時は利用できない時があります)
入浴料金:※2019年4月現在

 

・500円

 

お風呂情報:内湯(男女各1づつ)
泉質:硫黄泉
駐車場:あり5台
公式サイト:http://www.buzenya.net/

 

1−10,旅館みどり荘

 

View this post on Instagram

 

おふろたびさん(@jun_yutabi)がシェアした投稿

出典:instagram/jun_yutabiさん

 

明礬温泉の立ち寄り湯ができる日帰り入浴でおすすめの施設の10つ目は、「旅館みどり荘」です。

「硫黄泉」は源泉温度が高いのが一般的です。源泉かけ流しであれば、当然湯船の温度はアチチになります。そこに自分で水を加えながら調節できたら、好みの温泉を楽しめますよね。

「旅館みどり荘」は、貸切の家族風呂です。自分の好きなように温泉の状態を調節できます。

泉質はピリッとした感覚が残る酸性で、ガツンとくる硫黄感があります。

最初にぬるめにしておいて、源泉掛け流しのアチチの酸性硫黄泉を楽しむ入浴方法がおすすめです。

 

「旅館みどり荘」の基本情報

住所:大分県別府市明礬7
電話番号:0977-66-2012
営業時間:8:30〜20:00(受付19:00)
定休日:不定休
入浴料金:※2019年4月現在の料金

 

・内湯500円
・露天風呂700円

※どちらも貸切1時間1人分

 

お風呂情報:

 

・内湯3
・露天風呂3

 

泉質:酸性・単純硫黄泉
駐車場:10台

 

1−11,奥みょうばん山荘

 

View this post on Instagram

 

#奥みょうばん山荘 #温泉 #露天風呂 #別府 #大分 温泉卵が美味しい✌️

Hiroshi Komataさん(@matakichi1216)がシェアした投稿 –

出典:instagram/matakichi1216さん

 

明礬温泉の立ち寄り湯ができる日帰り入浴でおすすめの施設の11つ目は、「奥みょうばん山荘」です。

「明礬温泉」エリアの中心部から由布院方面へ行く途中に、「湯山」という場所があります。大通りから細い道に入り、湯の花小屋が突然現れる山の中をさらに進みます。すると、湯けむりが立ちのぼる山小屋に到着しますが、こちらが「奥みょうばん山荘」です。

全3室の貸切風呂専門で、2名以上の場合には内湯がついた露天風呂を使用することができます。

岩風呂の露天風呂で、湯山の気持ち良い風を感じる事ができます。内湯のみのお風呂もこじんまりとしており、源泉掛け流しの場所は硫黄で彩られています。

温泉自体も白濁した「硫黄泉」ながらも軽さがあり、入浴しやすい泉質です。

湯上がりには母屋で一息入れながら、オーナーの温泉談義を聞くのも楽しいです。

 

「奥みょうばん山荘」の基本情報

住所:大分県別府市湯山1組
電話番号:0977-67-2229
営業時間:10:00〜20:00
定休日:不定休
入浴料金:※2019年4月現在

 

・500円(1時間貸切)

 

お風呂情報:内湯2・内湯つき露天風呂1
泉質:単純硫黄泉
駐車場:あり10台
公式サイト:http://okumyouban.kakurezato.com/

 

1−12,湯山の里 和さび人

 

View this post on Instagram

 

Fairyさん(@fairygroup)がシェアした投稿

出典:instagram/fairygroupさん

 

明礬温泉の立ち寄り湯ができる日帰り入浴でおすすめの施設の12つ目は、「湯山の里 和さび人」です。

前述の「奥みょうばん山荘」と同じ湯山にある立ち寄り湯が可能な日帰り温泉です。

入浴料「3000円」と聞いて、少し高いと思いませんでしたか?

いえいえ、貸切でしかもお風呂と岩盤浴とセラミックサンドバスがついているんでコスパ最高です。(笑)

セラミックサンドバスとは、温泉で温められたセラミックの粒の中に体を埋めてもらう砂湯のようなものですが、砂湯のように体が砂だらけになることはありません。

しかも、終わった後の体の軽さは、砂湯とまたひと味ちがいます。また、露天風呂は丸い湯船で「単純温泉」ですが、肌触りはある意味「硫酸塩泉」です。

 

「湯山の里 和さび人」の基本情報

住所:大分県別府市湯山2組
電話番号:0977-85-8824
営業時間:9:00〜19:40
定休日:木曜日
入浴料金:※2019年4月現在

 

・1人様 3000円/40分(要予約)

サンドバス。露天風呂。岩盤欲。SODウオーター。紙パンツ。ブラ用意しています。

 

・2人様 3000円☓2名様/75分(要予約)

サンドバス。露天風呂。岩盤欲。SODウオーター。紙パンツ。ブラ用意しています。

 

・3人様 3000円 露天風呂のご利用/60分(要予約)

 

お風呂情報:露天風呂・岩盤浴・セラミックサンドバス
泉質:単純温泉
駐車場:あり4台
公式サイト:https://wasabijin.com/

 

1−13,杜の湯リゾート

 

View this post on Instagram

 

sekisabaさん(@sekisaba_oita)がシェアした投稿

出典:instagram/sekisaba_oitaさん

 

明礬温泉の立ち寄り湯ができる日帰り入浴でおすすめの施設の13つ目は、「杜の湯リゾート」です。

「杜の湯リゾート」は、2018年7月に完成したリゾートホテルです。

「明礬温泉」エリアの共同浴場(公衆浴場)「照湯温泉」の近くにあります。

こちらの日帰り温泉「庭園風呂 空の湯」と呼ばれ、「水着着用」でのスタイルです。ですので、混浴的な扱いになります。

水着を持っていない場合は、「男性300円、女性500円」で貸し出ししてくれます。

緑に囲まれた空間で硫黄の香りに包まれながら、のんびりとした時間が過ごせます。

 

「杜の湯リゾート」の基本情報

住所:大分県別府市鶴見照湯1413-13
電話番号: 0977-85-7000
営業時間:

 

・夏(4月〜10月)/11:00〜22:00(21:30最終受付)
・冬(11月〜3月)/11:00〜21:00(20:30最終受付)

 

定休日:不定休
入浴料金:※2019年4月現在

 

・大人/1300円
・小学生/650円

 

お風呂情報:露天風呂など8つの湯船あり
泉質:硫黄泉
駐車場:あり50台
公式サイト:http://www.morinoyu-resort.com/

 

1−14,鶴の湯(野湯)

 

View this post on Instagram

 

Seijiさん(@seijik03)がシェアした投稿

出典:instagram/seijik03さん

 

明礬温泉の立ち寄り湯ができる日帰り入浴でおすすめの施設の14つ目は、「鶴の湯(野湯)」です。

「野湯」と言うのは、温泉が湧き出している場所に誰かが作った湯船で、自然を体感できる温泉です。

 

▶参考情報:全国の「野湯」について詳しくはこちらをご覧下さい。

 

いつでも開いていますが、お湯が出なくなると入浴できません。

「鶴の湯」は、そんな野湯の1つで「別府三大秘湯」の1つに数えられています。明礬大橋の手前の道から、鶴見霊園へと向かい、横の道を登った場所にあります。

女性用の着替えルームがあり、バスタオルを巻いて入浴しても大丈夫です。足湯用のシートもありますので、足湯のみでも入浴できます。

泉質は入浴感から判断すると、「塩化物泉」と「硫酸塩泉」が混ざったもののようですが、温泉成分分析書はありません。

色は青みがかっていて綺麗です。

「野湯」ですのでシャワーはありませんので、湯船から汲み出して体を洗います。

 

「鶴の湯(野湯)」の基本情報

住所:大分県別府市鶴見霊園そば
電話番号:なし
営業時間:なし
定休日:お湯が少ない時
入浴料金:無料
お風呂情報:露天風呂1
泉質:不明
駐車場:あり

 

1−15,へびん湯(野湯)

 

View this post on Instagram

 

Seijiさん(@seijik03)がシェアした投稿

出典:instagram/seijik03さん

 

明礬温泉の立ち寄り湯ができる日帰り入浴でおすすめの施設の15つ目は、「へびん湯(野湯)」です。

「へびん湯」は、明礬の大通りを「湯屋えびす」の方向へ向かい、曲がれば「湯屋えびす」という場所を直進し、山道にはいります。途中の看板がある分かれ道を左に行き道なりに進むと駐車場に着きます。川沿いにありますので、川を歩いて横切らなければいけません。

「へびん湯」は、岩で囲まれた湯船がいくつかあり、それぞれ温度が違います。周囲は本当に山の中に流れる川と言った雰囲気で、完全な「秘湯」です。

泉質は調査した方がいるそうで、「単純温泉」だそうですが、サッパリ感がありますので、「炭酸水素」系かもしれません。(※個人の入浴感です)

山の中の「野湯」ですので、虫もいます。苦手なかたは防虫対策もしておきましょう。

 

「へびん湯(野湯)」の基本情報

住所:大分県別府市鶴見
電話番号:なし
営業時間:なし
定休日:お湯が少ない時
入浴料金:無料
お風呂情報:岩で囲まれた湯船あり
泉質:単純温泉
駐車場:あり

 

1−16,明礬地獄の足湯

 

View this post on Instagram

 

Sabrina Huangさん(@sabrinayfh)がシェアした投稿

出典:instagram/sabrinayfhさん

 

明礬温泉の立ち寄り湯ができる日帰り入浴でおすすめの施設の16つ目は、「明礬地獄の足湯」です。

明礬温泉の魅力と言えば、地獄と呼ばれる場所からの温泉を体験できることです。

実は明礬には「明礬地獄」という場所があり、「湯の花小屋を見学できる場所があります。
それがこの明礬地獄の足湯です。
湯の花小屋がメインなのか足湯がメインなのかは、訪問する人によって違いますが、どちらも明礬地獄を体験できることに間違いありません。
足湯は、明礬地獄から出ている温泉ですので、日によって温度や硫黄の量も変わってきます。
お手軽に体験できる足湯ですので、疲れた時に一服してみませんか。

 

「明礬地獄の足湯」の基本情報

住所:大分県別府市明礬3組
電話番号:なし
営業時間:8:30~17:30
定休日:不定休
料金:200円
お風呂情報:足湯
泉質:酸性硫黄泉
駐車場:なし

 

以上が、明礬温泉エリアで立ち寄り湯が可能なおすすめ日帰り温泉です。

また上記とは別に、明礬温泉には「共同浴場(公衆浴場)」もありますので、少しご紹介します。

 

2,明礬温泉エリアで立ち寄りできる「共同浴場(公衆浴場)」ご紹介

別府の明礬温泉にある「共同浴場(公衆浴場)」についてまとめました。

次に、「明礬温泉」エリアには2つの立ち寄り湯が体験できる「共同浴場(公衆浴場)」がありますので、そちらをご紹介します。

「共同浴場(公衆浴場)」は地元の皆様も利用する温泉ですので、マナーを守って気持ちの良い入浴を心がけましょう。

 

●地元の方が旅行者の方に言うことが多い「共同浴場(公衆浴場)」でのアドバイス
「とりあえず挨拶だけはしときなさい。挨拶しとけばなんとかなる。」
「共同浴場(甲種浴場)」で誰かに会ったら、まずは元気よく挨拶をしましょう。他にも細かい事を言う人もいますが、そこは笑顔で「はい。わかりました。」と言ってルールを守って下さいね。

 

「明礬温泉」エリアにある2つの共同浴場

●鶴寿泉
●照湯温泉

 

上記の「鶴寿泉」と「照湯温泉」については、「明礬温泉」エリアの共同浴場(公衆浴場)のまとめ記事で詳しくご確認いただけますので、合わせてご覧下さい。

 

 

,【宿泊予約】「明礬温泉の温泉旅館」お得な料金での宿泊方法

この記事では、別府八湯のうちのひとつ「明礬温泉エリア」にあるホテルや温泉旅館で立ち寄り湯が堪能できる日帰り温泉施設についてご紹介してきましたが、せっかく大分の「おんせん県」!別府温泉まで行くなら、「おすすめの温泉旅館に宿泊したい」と思われる方も多いはず!

そんな方のために、「明礬温泉」にあるおすすめの温泉旅館をお得な料金で宿泊できる方法をご紹介いたします。

以下で、好みの温泉旅館を探し、予約状況やお得な料金で宿泊できるプランを探して予約してみてください。

 

▼別府「明礬温泉」温泉旅館の宿泊予約は、以下でお得な料金をチェックしてみてください。

【とにかくお得に泊まりたい方】別府「明礬温泉エリア」おすすめ温泉旅館のお得な宿泊プランはこちら(「じゃらん」で見る)

 

4,「日本の秘湯」ゆ~ナビ編集部コメント

疲れた日常を癒やす温泉ライフ、楽しんでいますか?

温泉シニアマイスターの小井 明日香です。

今回は、別府八湯の「明礬温泉」エリアで立ち寄り湯が可能な日帰り温泉施設をご紹介させていただきました。

別府温泉郷に旅行に来ると、ついついたくさん温泉巡りしたくなるという人も多いです。

今回ご紹介した「明礬温泉」は、硫黄成分が強い温泉施設も多いですので、湯あたりに十分注意して水分補給を忘れないようにしましょう。また、硫黄が吹き出ている場所もあり、立ち入り禁止になっている場所もありますので、そのような場所に近づかないようにしてくださいね。

そこを気をつければ、「明礬温泉」エリアは本当に雄大で開放感があり、日頃のストレスがいつの間にかどこかに飛んで行ってしまいます。あと、「明礬温泉」エリアの温泉に入浴すると2日は硫黄の匂いが取れません。

職場に出勤して、なんか周囲が硫黄臭いして、みんなから硫黄の匂いがするなんて言われたら、その発信源はあなたかもしれませんよ。(笑)

いえいえ。むしろ硫黄の匂いをまき散らして、「明礬温泉」エリアだけではなく別府という街の面白さを周囲に発散していただければと思います。

今回の記事が、別府や明礬温泉エリアを知るきっかけになれば本当に嬉しいです。

 

5,「明礬温泉エリア」 に関連する別府温泉郷のその他の7つのエリア情報

今回の記事では、「明礬温泉エリア」の温泉情報でしたが、別府温泉郷には別府八湯の中で「明礬温泉エリア」以外にも7つの温泉エリアがあります。

別府温泉に行くならできるだけたくさんの温泉情報を知っておくと、楽しみ方の幅も広がりますので、以下では関連情報として「明礬温泉エリア」以外にも7つの温泉エリアの情報も記載しておきますので、合わせてご覧下さい。

 

日帰り温泉施設(ホテルや旅館を含む)

 

 

共同浴場(公衆浴場)

 

 

 

 

記事作成日:2019年4月8日
記事作成者:「日本の秘湯」ゆーナビ編集部 温泉シニアマイスター小井 明日香

関連記事

  1. 「白浜温泉」共同浴場(公衆浴場)!4つの外湯まとめ

    「白浜温泉」共同浴場(公衆浴場)!6つの外湯をまとめました。

  2. 「由布院温泉の共同浴場(公衆浴場)」7つの外湯

    「由布院温泉の共同浴場(公衆浴場)」7つの外湯をまとめました。

  3. 別府「観海寺温泉の共同浴場(公衆浴場)」全2つの外湯をまとめ

    別府「観海寺温泉の共同浴場(公衆浴場)」全2つの外湯をまとめました。

  4. 長野の野沢温泉で日帰り温泉「外湯めぐり」を堪能!

    長野の野沢温泉で日帰り温泉「外湯めぐり」を堪能!おすすめ共同浴場や足湯、温泉街の遊び方まで徹底紹介!

  5. 「日本三大美人の湯」について解説。群馬「川中温泉」、和歌山「龍神温泉」、島根「湯の川温泉」をまとめました。

    「日本三大美人の湯」について解説。群馬「川中温泉」、和歌山「龍神温泉」、島根「湯の川温泉」をまとめました。

  6. 有馬温泉「金の湯と銀の湯」

    有馬温泉「金の湯と銀の湯」! 自慢の「金泉」と「銀泉」を外湯めぐりで日帰り体験!

おすすめ温泉旅館にお得に泊まれる!

 

 

 

 

 

 

国内格安航空券を探す!

 

 

国内の格安レンタカーを探す!

 

 

  1. 「宇奈月温泉」日帰り温泉で入浴可能なオススメ旅館・ホテル11施設まとめ【足湯スポット付き】

    「宇奈月温泉」日帰り温泉で入浴可能なオススメ旅館・ホテルなど14施設まとめ【足湯スポット付き】

    2019.09.06

  2. 草津温泉「和風村」

    草津温泉「和風村」湯めぐり手形で日帰り入浴ができる全15の旅館をまとめました。

    2019.07.25

  3. 「箱根湯本温泉」日帰り入浴おすすめ温泉

    「箱根湯本温泉」日帰り入浴おすすめ温泉。全24箇所の旅館施設をまとめました。

    2019.06.24

  4. 「白浜温泉」共同浴場(公衆浴場)!4つの外湯まとめ

    「白浜温泉」共同浴場(公衆浴場)!6つの外湯をまとめました。

    2019.06.13

  5. 長野「白骨温泉」の日帰り温泉オススメ全8施設まとめ

    長野「白骨温泉」の日帰り温泉オススメ全8施設をまとめました。

    2019.06.05

  1. 別府の明礬温泉にある「共同浴場(公衆浴場)」についてまとめました。

    別府の明礬温泉にある「共同浴場(公衆浴場)」についてまとめました。

    2018.06.15

  2. 別府温泉エリアの「共同浴場(公衆浴場)」!25箇所の外湯をまとめてご紹介。

    別府温泉エリアの「共同浴場(公衆浴場)」!25箇所の外湯をまとめてご紹介。

    2018.08.06

  3. 兵庫「城崎温泉」で外湯めぐり!7つの外湯で温泉三昧を楽しもう!

    兵庫「城崎温泉」外湯まとめ!7つの外湯めぐりで温泉三昧を楽しもう!

    2018.08.30

  4. 有馬温泉「金の湯と銀の湯」

    有馬温泉「金の湯と銀の湯」! 自慢の「金泉」と「銀泉」を外湯めぐりで日帰り体験!

    2018.09.10

  5. 「日本三古湯」について解説。

    「日本三古泉(湯)」について解説。兵庫県「有馬温泉」、愛媛県「道後温泉」、和歌山県「白浜温泉」をま…

    2018.11.12

カレンダー

2019年9月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

「日本の秘湯」サイトについて

「日本の秘湯」は、日本国内の厳選された秘湯の温泉情報をご紹介しています。日帰り温泉・スーパー銭湯の情報メディア「ゆーナビ」から「秘湯」のみに注目した特別サイトです。温泉シニアマイスターが選ぶ日本全国の秘湯をお楽しみください。