瀬長島ホテル 琉球温泉「龍神の湯」!南の楽園「沖縄」らしくオーシャンビューの絶景露天風呂が自慢の温泉!
瀬長島 琉球温泉「龍神の湯」

瀬長島ホテル「琉球温泉 龍神の湯」!「沖縄」らしくオーシャンビューの絶景露天風呂が自慢の温泉を堪能!

「青い海」、「青い空」、常夏の楽園の「沖縄」。

そんな沖縄にも、実は温泉があるのをご存知ですか?

「沖縄=海」、「沖縄=リゾート」となっても、「沖縄=温泉」なんて、なかなか結びつかないかもしれませんが、沖縄にもちゃーんと温泉はあるんです。

さむ~い北国で雪景色を眺めながら入る温泉も良いのですが、青い空の下でオーシャンビューの絶景を眺めながら入る温泉もまた最高なんです!

今回ご紹介するのは、そんなオーシャンビューの絶景を、なんと露天風呂につかりながら眺めることができる日帰り温泉「琉球温泉 龍神の湯(瀬長島ホテル)」です。

2013年にオープンした「瀬長島ホテル」と併設されている「琉球温泉 龍神の湯」は、「那覇空港」からすぐの離島に位置していて、きれいな海に囲まれている「ロケーション」ばっちりな施設です。

ちなみにこの瀬長島は、那覇空港からすぐ目と鼻の先にあり、まだ比較的新しい出来て間もないリゾートエリアで、そこには今回ご紹介する「琉球温泉 龍神の湯」の他にも代表的な観光スポット「瀬長島ウミカジテラス」があります。

ここはまさに外国かと思うほどの綺麗な施設で、「カフェ」や「沖縄料理が食べれるグルメ店」、「ショッピング」などの店鋪がたくさん立ち並び、雑誌やテレビでも話題になり、今では沖縄旅行の目的地のひとつに必ずあがるほどです。

 

▶参考情報:「瀬長島ウミカジテラス」についてはこちらをご覧下さい。

 

お話は元に戻りまして、この「琉球温泉 龍神の湯」でなんといっても特徴的なのが、沖縄最大級とも言われる「立ちながら入る露天風呂」。

この露天風呂は深さ「120センチ」!立って入るという少し変わったタイプの「露天風呂」なんです。湯船の縁にもたれながら眺める沖縄の海は最高!いつまでものんびりとお湯を楽しめそうです。

日本の最南端の場所から入る温泉は、今まで味わってきた日帰り温泉とは少し違った景色に出会うことができるはずです。

「青く色鮮やかに輝く海」や「オレンジ色に染まる海」など眺めながら入る温泉はまさに楽園気分。

時間とお金に余裕があればずっと帰らずにここに居続けたい!そんな風に心の底からおもってしまいますよね。

そんな魅力的な「琉球温泉 龍神の湯(瀬長島ホテル)」をご覧下さい。


出典:instagram/green_kunikoさん

 

▼【PR】沖縄のホテル・温泉旅館の宿泊予約は、以下でお得な最安値をチェックしてみてください。



 

1,瀬長島「琉球温泉 龍神の湯」見どころチェック!露天風呂からのオーシャンビューは絶景すぎ!

 

View this post on Instagram

 

Massimo_osakaさん(@massimo_osaka)がシェアした投稿


出典:instagram/massimo_osakaさん


出典:instagram/eheiehさん

それでは最初に、「琉球温泉 龍神の湯(瀬長島ホテル)」の見どころについてご紹介いたします。

「琉球温泉 龍神の湯(瀬長島ホテル)」は、「金龍の湯」と「銀龍の湯」という2つに分かれていて毎日交代(男湯/女湯)に入る事が出来ます。


出典:instagram/japan_onsen_tripさん

「露天風呂」では、冒頭でご紹介しました通り、まず「立ちながら入る露天風呂」を体験してください。

目の前は、沖縄の「海!」、「海!」、「海!」のオーシャンビューの絶景です!

海以外の眺めは何も必要ないほどの絶景をゆっくりと堪能してください。

更にもうひとつ露天風呂には「岩風呂」があります。

SJ Hyunさん(@seungjaehyun)が投稿した写真


出典:instagram/seungjaehyunさん

この「岩風呂」をはじめ、「壺湯」など、6種類のお風呂に「ロウリュ」、「アロマ」、「塩」の3種類のサウナとがあり機能性も十分な日帰り温泉施設で、浴室環境にも大満足できます。

沖縄の地で湧いた温泉成分は「美人の湯」とも呼ばれ「ナトリウム一塩化物強塩泉」の温泉です。

1日中外で遊びまわってこんがりと日焼けした肌を最後に温泉で癒してあげるのにもちょうど良いお湯かもしれません。

昼間のコバルトブルーに輝く海を眺めながら入る温泉も素敵なのですが、夜に入るお風呂もがらりと雰囲気がかわります。ぬるめのお湯はのんびりと入る事ができるため、日中の疲れを心地よく癒してくれます。特に横になって入る「寝湯」では全身の疲れが手や足先から溶けでていくような感じを実感します。

海沿いにはプールもあって夜には素敵にライトアップされなんともロマンチック!

家族や友達同士もいいのですが、、こんな素敵なシチュエーションはやはり素敵な誰かと一緒が良いですよね。

 

View this post on Instagram

 

周陳鴻さん(@eddiechou0926)がシェアした投稿


出典:instagram/eddiechou0926さん

また忘れてはいけない見どころが、「琉球温泉 龍神の湯(瀬長島ホテル)」のある瀬長島は、那覇空港からわずか20分ほどの離島にあるため、ホテルのテラスからは飛行機の離発着を眺めることができます。

「飛行機の見える部屋にするか」、「露天風呂付きの部屋にするか」、お部屋選びにも悩みそうですね。海沿いのホテルでは海風にのって潮の香りも漂ってきます。夏の素敵なひと時がここでは過ごすことができそうですね。

●【「瀬長島ホテル」に宿泊を検討されている方へ】予約状況や最安値検索は以下よりご覧下さい。

2,「琉球温泉 龍神の湯」の泉質情報


出典:instagram/visitokinawaさん

沖縄の瀬長島「琉球温泉 龍神の湯」の泉質情報です。

泉質情報

泉質:ナトリウム-塩化物強塩泉
源泉温度:不明
湧出量:500リットル/毎分
ph値:不明
特徴:別名「子宝の湯」とも呼ばれており、血行促進効果が高いところや、保湿効果も高いのが特徴です。
効能:

切傷、火傷、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔症、冷え性、病後回復期、病労回復、健康増進などに良いとされています。

 

3,瀬長島ホテル「琉球温泉 龍神の湯」の基本情報


出典:instagram/japan_onsen_tripさん

名前:「琉球温泉 龍神の湯(瀬長島ホテル)」
英語表記:RYUKYUONSEN RYUJINNOYU/SENAGASHIMAHOTEL
郵便番号:901-0233
住所:沖縄県豊見城市字瀬長174-5
電話番号:098-851-7077
休館日:年中無休 ※但しメンテナンス休館日有り
営業時間:

・日帰り温泉/6:00~24:00 ※23:00最終受付
・ボディーケア/12:00~24:00 ※23:00最終受付
・あかすり/12:00~24:00 ※23:00最終受付

入浴料金:

●日帰り温泉 ※2018年9月現在

・大人(中学生以上)平日1,330円/土日祝1,540円
・小人(小学生)720円

●有料レンタル

・館内着レンタル 200円
※バスタオル・フェイスタオル付

●ボディーケア

・クイックボディケア(部分)/20分2,000円
・ボディケア(全身)/40分4,000円・ 60分5,600円・ 90分8,200円
・タイ古式/60分6,500円・ 90分9,300円・120分12,000円
・フットケア/15分1,600円・30分2,900円

●あかすりメニュー

・あかすり/30分3,400円
・塩もみケア/40分5,000円・60分6,900円
・オイルトリートメント/40分 5,000円・60分6,900円
・セットメニュー(あかすり+塩もみorオイルトリートメント)/計50分 5,700円

「瀬長島ホテル」の宿泊:

・最低料金一泊/約16,000円〜(1人あたりの料金目安)

※季節やプランにより宿泊料は異なります。
※予約が必要です。
※ご予約については、お電話でお問い合わせ下さい。

▼宿泊料金の最安値検索は以下よりご覧下さい。

駐車場:あり
公式サイト:http://www.senagaspa.jp/jp/hotbath/

お風呂情報:「金龍の湯」と「銀龍の湯」で分かれており、日替りで男湯と女湯が入替ります。

・立ち露天風呂
・寝湯
・岩風呂
・つぼ湯
・水風呂
・内湯
・ロウリュサウナ
・塩サウナ(銀龍の湯)
・アロマサウナ(金龍の湯)

施設に備え付けてある備品:

・シャンプー
・リンス
・ボディーシャンプー
・ヘアブラシ・
・ドライヤー・
・男女化粧品(男性)
・トニック・
・アフターシェーブローション(女性)
・スキンローション
・ミルキーローション

その他お役立ち情報:

・「大小に関わらず刺青・タトゥーのある方の入館をお断り致します。
※引用:琉球温泉「龍神の湯」公式サイト/http://www.senagaspa.jp/より

・近くにある「ウミカジテラス」は、階段のためベビーカーを押しての移動は大変かもしれません。

 

4,瀬長島ホテル「琉球温泉 龍神の湯」口コミ・評判情報

ここでは、瀬長島ホテル「琉球温泉 龍神の湯」の口コミ・評判についてご紹介しておきます。

那覇空港からすぐ側にある好立地と絶景のロケーションであることから、2012年のオープン以来いろいろな人が訪れている「琉球温泉 龍神の湯」。

そんな絶景の日帰り温泉「琉球温泉 龍神の湯」に実際に訪れた人たちの口コミ情報をご紹介いたします。

「琉球温泉 龍神の湯」に訪れた方の多くの皆さんが絶賛するのは、やはり露天風呂から眺めることができる「オーシャンビュー」の絶景ですね!

沖縄の海ならではのブルーの水平線は、まさに「琉球温泉 龍神の湯」でしか体験できない眺めです。

 

5,瀬長島「琉球温泉 龍神の湯(瀬長島ホテル)」までのアクセス情報

Google Mapsで「琉球温泉 龍神の湯」を見る

名前:「琉球温泉 龍神の湯(瀬長島ホテル)」
郵便番号:901-0233
住所:沖縄県豊見城市字瀬長174-5
電話番号:098-851-7077

・那覇空港から車で約20分

※但し、「土日祝」は道路が渋滞することも多いので、ご注意下さい。

●無料シャトルバス

那覇空港からの場合「ゆいレール(モノレール)赤嶺駅」より乗車していただけます。

 

▶参考情報:「無料シャトルバスの時刻表」についてはこちらをクリックしてご覧下さい。
※無料シャトルバスのお問い合せ電話番号:098-857-8133

 

6,「日本の秘湯」ゆーナビ編集部コメント

Yukanoさん(@yukano1104)が投稿した写真


出典:instagram/yukano1104さん

「琉球温泉 龍神の湯」では、これまでご紹介してきたように絶景の日帰り温泉だけではありません。

瀬長島ホテルで、宿泊することもできます。

ホテルに宿泊すると、朝食のビュッフェなどは、沖縄ならではの料理なども豊富にあり大満足出来そうです。

旅にでかけたら、名所を巡ったり、ご当地の美味しいものを食べて廻るというのが旅の醍醐味でもありますが、素敵な海をぼんやりと眺めながら1日中温泉三昧という「沖縄ならではの過ごし方」もまた、贅沢な旅の過ごし方かもしれませんね。

「沖縄での温泉もかなりアリ!」な事を実感できそうです。

 

7,「琉球温泉 瀬長島ホテル」の宿泊の空室状況&最安値検索&予約方法

せっかく「琉球温泉 龍神の湯」を堪能するのであれば、一泊ほど宿泊したい!

そんな方もいらっしゃると思います。

さらには那覇空港からすぐ近くということもあり、「沖縄に着いたその日は、那覇空港の近くに宿泊して・・・」という方もいらっしゃると思います。

そんな方の使い勝手にもピッタリな「琉球温泉 瀬長島ホテル」。

ここでは、「琉球温泉 瀬長島ホテル」の宿泊プランや宿泊料金の最安値の検索、また実際に宿泊された方の口コミなどもご案内いたします。

「琉球温泉 瀬長島ホテル」の宿泊プラン、宿泊料金の最安値チェック!

以下より検索してご覧下さい。

 

「瀬長島ホテル」の宿泊予約、お得な最安値プランはこちら

 

 

記事作成者:「日本の秘湯」ゆーナビ編集部
記事作成日:2018年9月14日

関連記事

  1. 「スパスミノエ」都会にいることを忘れる自然豊かな露天風呂!アカスリや食事もセットで楽しめる魅力をご紹介

    「スパスミノエ」都会にいることを忘れる自然豊かな露天風呂!アカスリや食事もセットで楽しめる魅力をご紹介【クーポン有り】

  2. 山梨「ほったらかし温泉」!あっちの湯、こっちの湯とは!?日の出、夜景など絶景露天風呂を体験

    山梨「ほったらかし温泉」!あっちの湯、こっちの湯とは!?日の出、夜景など絶景露天風呂を体験

  3. 滋賀長浜「あねがわ温泉」!自慢の陶板浴と天然温泉が魅力!大人の癒しの時間を日帰りで体験!

    滋賀長浜「あねがわ温泉」!自慢の陶板浴と天然温泉が魅力!大人の癒しの時間を日帰りで体験!

  4. 日本一遠いところにある秘湯 「高天原温泉」

    日本一遠いところにある秘湯 「高天原温泉」!覚悟が必要!?本格登山が必須の北アルプスの温泉です

  5. 明礬温泉「別府温泉保養ランド」

    明礬温泉「別府温泉保養ランド」!地獄を使用した珍しい泥湯を別府在住の温泉マニアが体験談をお届け!

  6. 海と一体型の露天風呂「黄金崎不老ふ死温泉」

    海と一体型の露天風呂「黄金崎不老ふ死温泉」!夕暮れを眺めながら日帰り入浴を堪能。

  7. 【冬限定】和歌山「川湯温泉 仙人風呂」

    【冬限定】和歌山「川湯温泉 仙人風呂」川が温泉に!?日本一広い露天風呂(混浴)を体験!

  8. 有馬温泉の老舗高級ホテル「有馬グランドホテル」で日帰り温泉を堪能!

    有馬温泉の老舗高級ホテル「有馬グランドホテル」で日帰り温泉を堪能! 2,000円分の金券がセットになった日帰りプラン「館内共通券」がお得です!

  9. 黒川温泉「新明館」!入湯手形で日帰り入浴ができる立ち寄り湯

    黒川温泉「新明館」!名物の洞窟風呂がすごい!日帰り入浴も可能な立ち寄り湯をご紹介

おすすめ温泉旅館にお得に泊まれる!

 

 

 

 

 

 

  1. 「由布院温泉の共同浴場(公衆浴場)」7つの外湯

    「由布院温泉の共同浴場(公衆浴場)」7つの外湯をまとめました。

    2018.11.14

  2. 「日本三古湯」について解説。

    「日本三古泉(湯)」について解説。兵庫県「有馬温泉」、愛媛県「道後温泉」、和歌山県「白浜温泉」をま…

    2018.11.12

  3. 別府「観海寺温泉の共同浴場(公衆浴場)」全2つの外湯をまとめ

    別府「観海寺温泉の共同浴場(公衆浴場)」全2つの外湯をまとめました。

    2018.10.29

  4. 秋田「乳頭温泉郷」日帰り入浴で人気の温泉をまとめ

    秋田「乳頭温泉郷」日帰り入浴で人気の温泉をまとめてご紹介。

    2018.10.05

  5. 静岡「熱海温泉」の日帰り温泉オススメ全21施設をまとめ

    静岡「熱海温泉」の日帰り温泉オススメ全21施設をまとめました。

    2018.10.02

  1. 秋田「乳頭温泉郷」日帰り入浴で人気の温泉をまとめ

    秋田「乳頭温泉郷」日帰り入浴で人気の温泉をまとめてご紹介。

    2018.10.05

  2. 静岡「熱海温泉」の日帰り温泉オススメ全21施設をまとめ

    静岡「熱海温泉」の日帰り温泉オススメ全21施設をまとめました。

    2018.10.02

  3. 「日本三大美肌の湯」について解説。佐賀県「嬉野温泉」、島根県「斐乃上温泉」、栃木県「喜連川温泉」をまとめました。

    「日本三大美肌の湯」について解説。佐賀県「嬉野温泉」、島根県「斐乃上温泉」、栃木県「喜連川温泉」を…

    2018.06.11

  4. 草津温泉の共同浴場(公衆浴場)はいくつある?外湯めぐりで日帰り入浴を堪能

    草津温泉の共同浴場(公衆浴場)はいくつある?外湯めぐりで日帰り入浴を堪能。

    2018.07.05

  5. 「日本三古湯」について解説。

    「日本三古泉(湯)」について解説。兵庫県「有馬温泉」、愛媛県「道後温泉」、和歌山県「白浜温泉」をま…

    2018.11.12

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

「日本の秘湯」サイトについて

「日本の秘湯」は、日本国内の厳選された秘湯の温泉情報をご紹介しています。日帰り温泉・スーパー銭湯の情報メディア「ゆーナビ」から「秘湯」のみに注目した特別サイトです。温泉シニアマイスターが選ぶ日本全国の秘湯をお楽しみください。